SAOエネルギー利用バナー > ダッソー・システムズ

エネルギー利用

次世代のエネルギー展望に対し、どのようにアプローチすべきか

戦略的なエネルギー利用とは?

企業において課題となるエネルギー利用は主に、物品やサービスを提供するために必要なエネルギーの量と種類ですが、先進的なデジタルツールとプロセス、効率的なリソース管理、インフラの最適化により、エネルギー利用のパターンを変え、カーボン・フットプリントを削減するための戦略的な意思決定を行うことができます。

エネルギー利用に伴う環境フットプリントを削減するメリット

エネルギー利用に伴う環境フットプリントを減らすことは、エネルギーコスト削減につながるだけではありません。将来の規制要件に先んじることができ、また、環境を重視したより柔軟性のあるビジネスを構築することができます。また、サステナビリティに関心の高い消費者にアピールでき、世界的に重要な課題であるカーボンゼロ実現に向けた礎を築くことができます。

グリーンなエネルギーへの移行に必要なこと

企業が、低炭素のエネルギーによる効果的なオペレーションを実現するには困難が伴います。まず、現在使用中のさまざまなエネルギーを測定し管理する必要があります。次に、より環境に優しいエネルギーを効率的に使用するために、既存のオペレーションを改善する方法を見つけます。同時に、新たなインフラを導入したり既存のインフラを近代化するために、新たな技術やプロセスを取り入れる必要があります。

エネルギー利用におけるサステナビリティを高めたお客様の事例

ダッソー・システムズのソリューションが、サステナブルなエネルギー利用の実現に向けてどのように役立つのか、お客様の事例をご覧ください。

サステナブルなエネルギー利用ためのソリューション

イノベーションこそが、サステナビリティを実現するための鍵です。そして、以下のようなソリューションがエネルギー移行を推進すると考えられています。

電化:オペレーションの動力の電力化をすすめることで、環境に優しい再生可能なエネルギー資源の活用につなげる

エネルギー貯蔵:バッテリー、水素貯蔵、その他のエネルギー貯蔵を導入して、エネルギー供給網の柔軟性を高め、また、電化ソリューションを活用したオペレーションをさらに推進する

システム:エネルギー利用を減らすソリューションにより、コストを抑えつつ、長期にわたり維持や改良ができるシステムを見つける

ダッソー・システムズの技術がもたらすメリット

ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE®プラットフォームは、エネルギー利用やインフラの把握、変革に役立つ、強力なツール群をご提供します。

Phase out fossil fuel power generation > Dassault Systèmes®

化石燃料発電の段階的な廃止

近隣、都市、地域の電力網をモデル化してシミュレーションし、太陽光、風力、水力など間欠的なエネルギー源や原子力による電力を組み合わせて使用する。

Innovative and accessible energy production > Dassault Systèmes®

革新的で利用しやすいエネルギーの創出

施設の設立、保守、耐用年数などに関するニーズに応えつつ様々なエネルギー消費のパターンに対応する、エネルギー創出に取り組む。

Energy storage > Dassault Systèmes®

エネルギー貯蔵

地球の資源を保護し、エネルギーの需給変動に対応するために、スマートグリッド、V2G(Vehicle to Grid)、バッテリー等、新しく柔軟なエネルギー貯蔵の技術開発の機会を創出する。

Support de-growth of energy use > Dassault Systèmes®

エネルギー利用の削減

高度なデジタルツールでエネルギー消費を測定、分析し、あらゆる段階でエネルギー消費の削減をサポートします。

社会にポジティブな影響を及ぼす

関連トピック

サーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーのための取り組みは、企業が次世代の環境を保護する新たなビジネスモデルを通して果敢に事業を展開することに役立ちます。

脱炭素化

サプライチェーン全体のオペレーションを見直し、カーボンフットプリントを削減する

サステナブルな製造

オペレーションとサプライチェーン全体に持続可能なソリューションを導入することで、低炭素の製造を実現し、汚染とエネルギー消費を減らすことができます。