Achieve Sustainable Construction > Dassault Systèmes

サステナブルな建設をするには

持続可能性に関する規制がますます複雑化し、関係する要素も増え続ける中、連携的なバーチャル環境を構築して建設の環境規制を遵守しましょう。

プロダクト化で建設業界を革新する

プレハブ工法では不十分です。サステナブルな建設のリーダーが、真の拡張性とスピードを実現して、新しい価値をもたらすには、プロダクト化とバーチャル・ツインが必要です。

 

新たな課題に対応

サステナビリティに関する規制が、ますます複雑化しています。

従来の建設の設計および引渡しは、非効率な個別慣習のプロセスに依存しており、すべての開発サイクルが固有の新規プロジェクトとみなされていました。このような既存のシステムを段階的に改善していくだけでは、意欲的なサステナブルの目標を達成することは困難です。より密接に、プロセスの早期段階で連携し、ますます厳しくなる規制に対応するには、まったく新しいアプローチが必要です。

 

持続可能な建設を実現するために、建築・建設業界が連携して、以下に取り組む必要があります:

戦略採用

変化する現地規制を遵守して、グローバル目標をサポート

プロダクト化。統合されたの建設モジュールによる、設計および建設。プロダクト化は、協業、プロジェクト・エンジニアリング、建設、試運転に対する、持続可能で柔軟なアプローチです。

 

ライフサイクル分析。仮想環境で共通モデルにデータを提供。科学的に正確なモデルを構築し、規制によって要求されるライフサイクル評価に対して、まったく新しいタイプのシミュレーションを実行。

 

循環型システム。エネルギー使用量と廃棄物を最小限に抑える、新しいプロセスを明らかにして、デリバリー・プロセスの各段階で持続可能なパフォーマンスを再構築。「供給に基づく設計」により、ポートフォリオに基づくすべてのプロジェクト全体にわたって新たな効率を組み込む。

 

現地サプライヤー。製品の製造場所および方法をシミュレーションして、プロジェクトのカーボンフットプリントを最適化。地域内の小型工場を利用して、輸送の無駄をさらに削減できます。

エネルギー効率。新しい建材や設計の性能を建設のバーチャル・ツインでモデル化して、ネットゼロ以上を達成できます。

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細