Product Manufacturers > Dassault Systèmes

建物・施設

プロダクト化を通じて建設バリューチェーンを変革

建物・施設の景色を変化させる課題とは?

従来の建築・建設プロセスを見直し、予算内および工期前倒しでの竣工します。

私たちは、この10年間で二酸化炭素排出量を最大50%削減するという野心的な気候変動対策に取り組んでいます。

Fabrice Bonnifet
持続可能な開発およびQSE担当ディレクター
課題

施主と運営管理者

持続可能な方法での開発
施主と運営管理者者は、その資本を活用し、建物および都市開発を通じて社会貢献を行っています。そのため、持続可能性、回復力、循環型経済について考慮する必要があります。このような状況下では、複雑な目標をチームで解決することができる、信頼の置ける建設パートナーを見つけることが不可欠です。

 

施設の性能向上
ライフサイクル全体でのTCOを考慮する必要があります。3DEXPERIENCEクラウドは、あらゆるプロジェクトエコシステムを、まとまりのある協業スペースに接続します。ユーザーは、建物の性能やバリューチェーン全体への影響を評価し、総合的なパフォーマンスの高いソリューションと連携することができます。

 

手頃な価格で住みやすいコミュニティの実現
持続可能な社会は、独自性のある手頃な価格の住宅と健康的な空間で構成されています。施主と運営管理者は、クラウドベースの仮想環境を通じて、建設会社やメーカーと連携します。その結果、プロジェクト参加者はプロダクツ化を受け入れ、効率性と透明性を向上させ、よりパーソナライズされた、手頃な価格の、住みやすいコミュニティを実現することができます。

プロダクト化で建設業界を革新する

 プレハブ工法では不十分。 サステナブルな建設のリーダーが、真の拡張性とスピードを実現して、新しい価値をもたらすには、プロダクト化とバーチャル・ツインが必要です。

CATIAでは、3Dモデルをパラメトリックに最適化することができ、イレギュラーな部品の数を大幅に削減することができます。

名城俊樹氏
隈研吾建築都市設計事務所、設計室長

設計者

居住者体験の質

設計者とエンジニアは、顧客の要求を満たすために、建築設計の設計プロセスを繰り返します。設計者には、前例のない持続可能性に関する方針、規制、基準を守り、膨大な技術知識を再利用し、設計をパーソナライズし、品質とコストのバランスをとることが求められています。
ジェネレーティブ・デザインシステムは、設計効率を劇的に向上させるとともに、設計知識を自動的に再利用し、創造性を引き出します。

 

建物のライフサイクルのためのシステムエンジニアリング

従来、設計者とビルダーは孤立化した環境で仕事をしていました。このようなやり方では、施主に価値を提供し、複雑な課題を解決することは困難です。建物は、システム・オブ・システムズです。効率的な機能は、建物の運用とモジュール化されたサブシステムの構成に依存しています。
建物のモジュール化によって、持続可能性に関する規制の遵守や、建設のノウハウを取り入れながら設計の柔軟性を高めるジェネレーティブ・デザインの活用、建物や施設のリニューアル計画といった複雑な課題を解決する道が開かれます。

 

接続されたエコシステム

建物は、複数のチームによって統合された標準的な要素で構成されるテーラーメイドのアセンブリーです。高品質で持続可能な建物を実現するためには、すべての関係者をつなぐことが不可欠です。建設業界がプロジェクト方式のみに固執し、垂直的・水平的に高度に分断されている限り、非効率性は残ります。クラウド環境を通じてメーカーや建設会社とつながる設計者やエンジニアは、施工バリューチェーンを変革する力を持っています。

プロダクト化で建設業界を革新する

 プレハブ工法では不十分。 サステナブルな建設のリーダーが、真の拡張性とスピードを実現して、新しい価値をもたらすには、プロダクト化とバーチャル・ツインが必要です。

このプラットフォームは、情報を一元管理し、すべての関係者を結び付けます

フレデリック・ガル氏
ビジネス・トランスフォーメーション・ プログラム・ディレクター、ブイグ・コンストラクション社 
課題

建設会社

変化し続けるバリューチェーン

高度に断片化した市場において、納品とパーソナライズされた生産のバランスを取ることは、複雑にならざるを得ません。こうした要求に対応するためには、建築・建設業界全体の変革が必要です。たとえば、ゼネコン(GC)は複数の職能モジュールをとりまとめるプライム・インテグレーターとして機能し、専門建設会社はバーチャル・メーカーに変身し、マイクロファクトリー(仮設工場)が普及するでしょう。

 

スキルの希少性

電気配管の専門家など、専門的なスキルを持つ人物を見つけて採用することは困難です。熟練労働者が減少する中、技能の蓄積と、これらの技能のデジタル化された知識への変換が必要となっています。ゼネコンや専門建設会社が知識をデジタル化し、仮想環境で連携することで、職能ベースのスキルをモジュール化されたシステムに設計することができます。

 

持続可能性コンプライアンス
持続可能性、回復力、循環型経済の必要性から、政策、規制、新基準が劇的に増加しました。ゼネコンおよび専門建設会社は、時間のプレッシャー、熟練労働者の減少、安全管理、収益性の改善に対応しながら、これらの新しい課題を克服する必要があります。

プロダクト化で建設業界を革新する

 プレハブ工法では不十分。 サステナブルな建設のリーダーが、真の拡張性とスピードを実現して、新しい価値をもたらすには、プロダクト化とバーチャル・ツインが必要です。

お客様活用事例を見る

Jet Contractors社

4,000の固有パーツで構成される複雑なソリューションから独自の設計への挑戦

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細