SAOサーキュラーエコノミー バナー > ダッソー・システムズ

サーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーのための取り組みは、企業が次世代の環境を保護する新たなビジネスモデルを通して果敢に事業を展開することに役立ちます。

サーキュラーエコノミーとは?

サーキュラーエコノミーは、資源、素材、製品をできるだけ循環させながら再生、再利用し、廃棄物を最小限にするための経済システムです。リニアエコノミー(直線型経済)の一方通行なtake-make-waste(資源を採取し、製造し、廃棄する)とは対照的です。サーキュラーエコノミーを推進する英国のエレン・マッカーサー財団は、サーキュラーエコノミーを3原則により定義しています。その3原則とは、「自然のシステムを再生する」、「製品と原料材を捨てずに使い続ける」、「廃棄と汚染を出さない設計」です。

サーキュラーエコノミーを実践し、環境フットプリントを減らす

カーボンフットプリントを減らすためのイノベーションをモデリング、検証、シミュレーションできるバーチャルツインは、サーキュラーエコノミーの実現に貢献します。

サーキュラーエコノミーの実践とは?

サーキュラーエコノミーを実践することは、組織の環境下やバリューチェーンのエコシステムにおけるオペレーションを見直すことを意味します。そして、エコ設計と製品の再利用をベースにした、果敢で新しいビジネスモデルを採用することが必要です。つまり、エネルギーや化学製品の使用を最小限に抑えたり、製品寿命の長い製品を設計するなど、あらゆるオペレーションから無駄を排除し、製品の設計段階で分解を考慮し再利用しやすくすことに努めるということです。

サーキュラーエコノミーの実現に必要なこと

サーキュラーエコノミーは、これまでとは根本的に異なるアプローチです。そのため、他の急進的なアプローチと同様に、既存の構造やプロセスとの衝突を生じます。現在の生産活動の多くは、一方通行のtake-make-waste(資源を採取し、製造し、廃棄する)のリニアエコノミーです。これとは対照的かつ新たなアプローチであるサーキュラーエコノミーは、既存のプロセスと衝突が多発するのでオペレーションを根本から見直すことになります。そのため、実際にオペレーションを変更する前に、全体を把握しシミュレーションできるバーチャルな環境が必要となるのです。

サーキュラーエコノミーを実践している、お客様の事例

ダッソー・システムズのお客様が、どのようにオペレーションでサーキュラーエコノミーを実践しているのかをご紹介します。

AMF-accessories-hero-Dassault Systèmes®
Amcor beverage bottles
Amy's Kitchen Case Study

サーキュラーエコノミー実現のためのソリューション

サーキュラーエコノミーの実践を重ね、広める体制を構築するには、以下のような手段があります。

エコ設計のプラクティスの確立:サイロをまたいで見通し、製品の環境に対する影響を追跡し、サプライチェーン全体で取り組みを行うためにライフサイクルアセスメントを活用する。

リサイクル可能な設計:設計者がプロセスの初期段階で製品寿命や解体について考慮することで、サーキュラーエコノミーに対応した製品を創案する。

新素材:バイオプラスチック等のサステナブルな新素材の研究は、製品のライフサイクル全体を、環境に配慮したものにします。

ダッソー・システムズの技術がもたらすメリット

サーキュラーエコノミーを実践するには、サプライチェーンを包括的に把握することが必要です。ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE®プラットフォームは、そのためのソリューションをご提供します。

Dare to create bold new business models > Dassault Systèmes®

新たなビジネスモデルの構築に挑む

エコ設計やバーチャルなシミュレーションを行い、保守、製品寿命、資源の再利用などを考慮した新たな製品、サービスを開発する。

Strive to eliminate waste > Dassault Systèmes®

無駄をなくす

製造性(製造のしやすさ)を維持し、新素材を検証、開発しつつ、純粋な機能上のニーズに応えるために素材の使用を最適化する。

Design for the 3Rs > Dassault Systèmes®

3R (リデュース・リユース・リサイクル)の設計

リユースやリサイクルのために製品を解体するプロセスを、製品開発や製造エンジニアリングに組み込む。

社会にポジティブな影響を及ぼす

関連トピック

脱炭素化

サプライチェーン全体のオペレーションを見直し、カーボンフットプリントを削減する

エネルギー利用

次世代のエネルギー環境に移行し、エネルギー使用によるフットプリントを減らす方法とは?

サステナブルな製造

オペレーションとサプライチェーン全体に持続可能なソリューションを導入することで、低炭素の製造を実現し、汚染とエネルギー消費を減らすことができます。