サステナブルな製造とは?

国連の持続可能な開発目標(SDGs)は、17の目標と169のターゲット(具体的な目標)で「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」ための指針を設定しています。サステナブルな製造とは、これに沿った製造であり、製品ライフサイクルやサプライチェーン全体を考慮しつつ、資源の効率的な利用、エコデザイン(環境配慮設計)、オペレーションの改善、廃棄物の削減などを推進します。サステナブルな製造は、サステナブル・エコノミーを実現するための大きなチャンスでもあります。

サステナブルな製品は、サステナブルな製造から

バーチャルツインがどのように世界規模でサステナブルな製造を促進し、成果を上げ、未来型の工場を実現しているのかをご紹介します。

サステナブルな製造のメリット

サステナブルな製造とは、エネルギー消費や廃棄物など、製造プロセスにおいて環境にマイナスとなる要因を減らすことを意味します。したがって、製造や流通で使う素材や材料を、再利用可能で環境に一段と配慮したものに迅速に変える必要があります。これにより、変化する規制に先んじて対応し、持続可能性を重視する現代の消費者の要望に応え、カーボンゼロに向けて前進することができるのです。

サステナブルな製造の実現を妨げるもの

エコデザイン(環境配慮設計)や、よりサステナブルな製造プロセスを導入することで多くのメリットが得られますが、その過程には困難が伴います。なぜなら、組織のサイロ、研究開発の障壁、オペレーションやサプライチェーンで発生する問題などによって、進展が妨げられる可能性があるからです。

パッケージ製品・小売業における持続可能なイノベーション

サステナブルな製造を実現するためのソリューション

サステナブルな製造を実現するには、以下のことが必要です。

より適切な素材に切り替える:研究開発の推進などにより、環境に配慮した素材を採用する。

サプライチェーンの透明性を高める:サプライチェーンを詳細に把握、管理し、タイムリーに効果的な対策を講じる。

無駄を減らす:設計の改善やリーン生産方式の導入により、エネルギーや材料の無駄を減らし、不良品の発生確率を下げる。

ダッソー・システムズの技術がもたらすメリット

ダッソー・システムズは、持続可能な製造という目標の達成を支えます。一例として、クラウド版の3DEXPERIENCE®プラットフォームは、組織の製造プロセスを改善し、業務全体の持続可能性を高め、環境に配慮した製品の創出につながる、さまざまなソリューションをご提供します。

Reduce energy consumption > Dassault Systèmes®

エネルギー消費量を削減する

最先端のデータ分析や、プロセス、物流を最適化する技術により、エネルギー効率を高めます。

Reduce waste > Dassault Systèmes®

無駄を減らす

新しい設備導入に対する適応力を高め、製造を最適化し、原材料の消費を分析することで、サプライチェーンのシステムを改善します。

Proactively adapt to changing regulations > Dassault Systèmes®

変化する規制に対応する

サプライチェーン全体のトレーサビリティーにより、ビジネスが最新の環境の指針に沿っていることを確認でき、また将来的な規制の変更にいち早く対応することができます。

サステナブルな製造を実現した、お客様の事例

ダッソー・システムズのソリューションを活用して、サステナブルな製造を推進している、お客様の事例をご覧ください。

AMF-accessories-hero-Dassault Systèmes®
AMF社
イタリアのファッション・アクセサリー・サプライヤーである同社は、自社の生産プロセスをより効率的かつ環境に配慮したものにしていくために、製品ライフサイクルの透明性を高め、クリエイティブなプロセスを効率化する技術プラットフォームを必要としていました。3DEXPERIENCEプラットフォームのクラウド版ソリューション、パーフェクト・コンシューマー・プロダクトにより、AMF社は社内の連携を改善し、ハイファッションのクライアントとより効果的な連携を図り、新しいアイデアを実現しています。
Amcor社の飲料ボトル
Amcor Rigid Packaging社
大手容器メーカーであるAmcor Rigid Packaging社は、飲料容器の強度とコスト効率を維持しながら、容器の材料使用量を削減する方法を常に模索しています。

社会にポジティブなインパクトを与える

関連トピック

サーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーのための取り組みは、企業が次世代の環境を保護する新たなビジネスモデルを通して果敢に事業を展開することに役立ちます。

脱炭素化

サプライチェーン全体のオペレーションを見直し、カーボンフットプリントを削減する

エネルギー利用

次世代のエネルギー環境に移行し、エネルギー使用によるフットプリントを減らす方法とは?