The Sustainability Mandate > Dassault Systèmes

持続可能性が必須

消費者および規制当局は共に、より持続可能な手段を講じて、より環境効率の高い製品を市場に投入する活動への企業の取り組みを期待しています

持続可能な小売バリュー・ネットワークを実現

より適切なサプライチェーン計画により、メーカーおよび小売業の持続可能なビジネスをさらに推進

新たな課題に対応

持続可能性へのコミットメントを行動に移す

消費者の思考体系は変化しています。「目的のあるブランド」や「目的のある企業」の価値が過剰に評価されています。この目的が示しているのは、経済的、環境的、人道的な観点から、より良い世界の実現を支援することです。

 

ビジネスの選択肢として、持続可能性は、エコ環境、社会的また経済的な環境において組織の運営方法を積極的に検討することで、長期的な価値を生み出すスマートなアプローチといえます。持続可能性を優先することは、永続性を強化する企業戦略を展開していく前提に基づいています。ミレニアル世代の消費者は、持続可能性のさらなる考慮を企業に求めていると言われています一方で、Z 世代が求めているのは実証です。今企業に求められていのは、持続可能性に取り組み、確実なアプローチを実行することです。

 

持続可能性のトップダウン・アプローチを推進:

サステナブル・エコノミーに関する業界の知見

ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEバーチャル・ユニバースにより、さまざまな業界で持続可能な経済を実現するために必要な、画期的な新製品、素材、プロセスを創案、設計、検証できます。

戦略採用

組織全体にわたる、より持続可能なアプローチが競争の優位性をもたらす

持続可能性に対する確実なアプローチを実行して進展を示している企業が、長期的なビジネス成長の基盤となる競争上の優位性を構築しています。

 

強力なプランニング機能を備えた3DEXPERIENCE®プラットフォームは、さらにエコ効率の高い持続可能なサプライチェーンをサポートします。 このプラットフォームの仮想設計およびシミュレーション・ツールにより、より持続可能な原材料を導入できます。 エコ効率を促進するプラットフォームによる、製造および物流の最適化が、CO2 排出量の低減、輸送距離のより適切な低減を促進します。 クリーンな環境を支援するプロジェクトや、よりエコ効率の高いビジネス・モデルの創出に対して企業利益を活用することもできます。

目的の持つ力

目的主導型のブランドが大きなビジネスの成功を収めることができるのはなぜか。

Compass Magazineの記事をお読みください。

成功事例

3Dプリント・ファッション:テクノロジーを使用して自然な影響力にアクセス

Julia Koerner氏は、ダッソー・システムズとのデザイン・フォー・ライフ(Design for Life)コラボレーションの最初のビデオで、建築技術を衣装やファッション・デザインに応用する方法について説明しています。

ビジネスに合わせてカスタマイズされたソリューションを今すぐ入手。

ホーム・ライフスタイル業界の課題