fe-safe

有限要素モデル向けの耐久性解析ソフトウェア

fe-safe

fe-safe は、有限要素モデル向け疲労解析の世界では代表的なソフトウェアであり、ユーザーの最も要求の厳しい用途に応えます。 すべての代表的な有限要素解析製品群とのダイレクト・インターフェイスを備え、世界中の自動車・輸送機械、航空宇宙・防衛、製造、発電、海洋・船舶業界のトップ企業が、疲労寿命を判断し、設計を最適化するために採用しています。 fe-safeは、その精度、スピード、使いやすさで高い評価を受けています。

fe-safe は、1990年代初頭以来、各業界との協力によって継続的に開発され、疲労解析ソフトウェアのスタンダードであり続けてきました。 これは現在の多軸ひずみベースの疲労手法に焦点を当てた最初の市販ソフトウェアであり、非金属材料向けの機能を最初に統合しました。 fe-safeは、金属および複合材料、エラストマー、熱機械およびクリープ疲労を解析し、Verity®の構造応力手法または溶接ジョイントの疲労解析(この手法を統合した唯一の市販ソフトウェア)を採用しています。

サスペンション部品の疲労解析

「fe-safeは、高レベル、低レベル、複合レベルの荷重による損傷箇所を正確に予測。 残留応力、材料の非線形性やプラスチック材のひずみを考慮して解析できます。」
Hyundai Motor Company

シリンダーヘッドにおけるfe-safe方式と「S-N + Haigh」方式の比較
  • 1. SN曲線とGoodman線図を使用した従来のアプローチでは正しい場所を特定できず、亀裂の開始位置を誤認していた
  • 2. fe-safeは正しい亀裂の開始位置を正確に特定した
Cummins Inc.

最新リリース

メリット

設計工程にfe-safe製品群を組み入れることで、次のことが可能になります。

  • 安全重視の部品の疲労寿命を延長
  • 使用する材料が少なくなるように設計を最適化する
  • 製品のリコール件数と保障コストを削減
  • 設計および試験プログラムを最適化し検証
  • 単一ユーザー・インターフェースを使用して試験と解析の相関関係を改善
  • 試作品の試験時間を短縮
  • 解析を高速化して工数を削減
  • 「最初から適切な設計」を作成することにより、製品設計を確実にスケジュール通りに試験に合格
  • 物理試験への依存を削減
  • 溶接継ぎ手と非溶接エリアを一度で解析し、結果を同じコンター図に表示することで、モデル解析全体を迅速化
  • 金属部品や弾性材料を使用した部品の疲労寿命を予測
  • 直感的で使いやすいGUIを使用して、ひずみゲージデータと実働過重を解析
  • 疲労、クリープ疲労、クリープ疲労相互作用のいずれかを疲労損傷の要因として特定
主な質問