fe-safe

有限要素モデル向けの耐久性解析ソフトウェア

fe-safe - 耐久性解析群

製造業界は 今、軽量でありながら強度の高い構成部品を提供する際に、材料使用量の削減、保証およびリコールコストの削減、そして開発時間の短縮を同時に実現することをますます求められるようになっています。こうした中、多くのメーカーが設計応力の計算に高度な有限要素解析を用いていますが、スプレッドシート解析用の応力ポイントを手動で選択する方法で疲労解析が実施されているケースが依然として少なくありません。この方法は時間がかかるだけでなく、破壊位置を見落としやすいという意味で信頼性にも欠けます。

fe-safeソフトウェア群は、世界をリードするFEA耐久性解析テクノロジーで構成されています。主要なFEA製品(Abaqus、ANSYS、Nastran(MSC、NEi、NX)、Pro/Mechanica)との直接連携が可能で、極めて高度な産業用途にも対応できます。

fe-safeは、ひずみ計算値に基づく最新の疲労解析手法に注目した初の業務ソフトウェアで、疲労解析ソフトウェアのベンチマークになっています。


fe-safeは拡張パッケージに含まれ、1つのトークン・プールでポートフォリオのすべてのソリューション・テクノロジーを利用できます。

 

fe-safe群の特徴:

  • fe-safe:荷重やモデルの複雑さを問わず、正確で信頼性の高い多軸疲労解析
  • fe-safe/Rubber:独自の最先端のテクノロジーでエラストマーの疲労を解析
  • fe-safe/Verity:Verity®の独自の特許取得の構造応力解析手法によりシーム、構造、スポット溶接継ぎ手を解析
  • fe-safe/TURBOlife:クリープ疲労の作用を解析する独自の機能による熱機械的疲労解析
  • SIMULIAポートフォリオ製品間の円滑なワークフロー:Abaqus、Isight、およびTosca


どれほど複雑な疲労分析でも、fe-safeは設計プロセスにスムーズに適合し、設計上、耐久性が必要な製品開発を可能にします。

Dassault Systèmes® - fe-safe - SIMULIA - サスペンション部品の疲労解析
[クリックして画像を拡大]
サスペンション部品の疲労解析

「fe-safeは、高レベル、低レベル、複合レベルの荷重による損傷箇所を正確に予測。残留応力、材料の非線形性やプラスチック材のひずみを考慮して解析できます。」
Hyundai Motor Company

Dassault Systèmes® - fe-safe - SIMULIA - シリンダーヘッドにおけるfe-safe方式とS-N+Haigh方式の比較
[クリックして画像を拡大]
シリンダーヘッドにおけるfe-safe方式と「S-N + Haigh」方式の比較

  • 1. SN曲線とGoodman線図を使用した従来のアプローチでは正しい場所を特定できず、亀裂の開始位置を誤認していた
  • 2. fe-safeは正しい亀裂の開始位置を正確に特定した

Cummins Inc.

最新リリース

メリット

設計工程にfe-safe製品群を組み入れることで、次のことが可能になります。

  • 安全重視の部品の疲労寿命を延長
  • 使用する材料が少なくなるように設計を最適化
  • 製品のリコール件数と保障コストを削減
  • 設計および試験プログラムを最適化し検証
  • 単一ユーザー・インターフェースを使用して試験と解析の相関関係を改善
  • 試作品の試験時間を短縮
  • 解析を高速化して工数を削減
  • 「最初から適切な設計」を作成することにより、製品設計を確実にスケジュール通り物理試験に合格
  • 物理試験への依存を削減
主な質問