Develop Agile Technology & Services Portfolio > Dassault Systèmes

柔軟な技術&サービス・ポートフォリオを展開

コストを削減およびリスクを軽減しながら、新しい技術およびサービスを導入

新たな課題に対応

ポートフォリオの競争力を高める

コロナ禍により、世界中がロックダウンに追い込まれ、前例のない渡航制限が強いられ、膨大な旅行予約のキャンセルが発生しました。この影響を受け、航空宇宙産業は、負債を抱えながら限られた資金に基づいて、ビジネス・モデルを全面的に見直す必要に迫られました。また、航空輸送の遅延により、中小企業のみならず一部の優良企業も、業務を維持してサプライチェーンを支援するために、政府による支援を受けています。

 

多大な財務打撃を受けた航空宇宙企業は、従来のビジネス枠内で競争戦略を見直すと同時に、新たなターゲット・ドメインやサービスでより破壊的な革新を進める必要に迫られています。

 

新しい競争力の航空機やシステム技術をより早く開発し、よりスマートかつより効率的な生産により、迅速に市場投入を果たし、優位な市場シェアを獲得して顧客の信頼を得る必要があります。エンジニアリング・チームは、製造オペレーション、就航中の航空機およびサプライチェーンのバリューネットワーク全体からのインテリジェントなデータをより有効に利用して、新たな生産レートと戦略を設定する必要に迫られています。連携とデータ主導型エンジニアリングによる航空機開発、生産およびサービスは、この明白な変革のニーズを活用する重要な実現要因です。生産レートの減速は、特に老朽施設において、生産システムをアップグレードし、製造オペレーションへのデジタルな連続性をさらに推進する絶好の機会と捉えることもできます。しかし、この機会は限定的です。大手OEMは、今後2~3年で生産レートを倍増させる予定です。つまり、サプライチェーンのバリューネットワーク全体をほぼ停止状態から立ち上げ直す必要があります。サプライヤーは、俊敏性の水準をより高め、デジタル化を促進し、より低リスクな体制で納期を厳守して初回から適正な品質を達成できることを実証しなければなりません。

デジタルな連続性は、就航中の航空機や保有機の保守、修理、点検など、分断化されているドメインにも拡張されます。迅速かつ堅牢なソリューションおよび保有機のより柔軟な運用により、環境への影響に迅速に対応する責任がOEMや運営事業者にあることを、コロナ禍が浮き彫りにしました。

 

継続的で迅速かつ初回から適正な品質を達するイノベーションを推進するには、就航中の実機や運用中のシステムと仮想的な航空機やシステムの設計および製造を結び付けて、連携的にビッグ・データのアプローチを活用することが不可欠です。これは、競争力を維持し、現在および将来にわたって危機による影響を減らすために必要です。データ・インテリジェンスのアプローチを製品開発、製造、就航中の航空機のサービス・プロセスに取り入れて、予測および機械学習を行うことで、イノベーションに必要なこと、より優れたエンジニアリング、航空機やシステムのライフサイクルを通じて最も効率的な生産および保守を的確に理解できます。

 

新しい柔軟な技術&サービスを導入して、ポートフォリオの競争力を高める:

柔軟な技術&サービスを展開 > ダッソー・システムズ

在庫および人員管理の改善による、対応時間の短縮およびコスト削減

シミュレーション > ダッソー・システムズ

予測分析による、「稼働時間」の改善および予定外の保守削減

オペレーション > ダッソー・システムズ

「欠陥のない」正常品の廃棄や不適切な部品の使用を減らして、保守品質を強化

戦略採用

バーチャル・ツイン・エクスペリエンスによる、ビジネス実行の再構築

3DEXPERIENCE®プラットフォームのデジタル・ツインの連続性により、情報に基づく決定に必要なデータの集計、潜在的な問題点のシミュレーション、サイクル外の開発を実行し、必要に応じた認証、データ主導型のサービス、予測保守戦略を推進して「稼働時間」を改善できます。

 

効率的かつ柔軟なプラットフォームを細密な技術機能やツールと組み合わせることで、目標タスクを達成できます。規制遵守のための仮想テスト、単一部品や積層造形による在庫低減、オペレーションのバーチャル・ツインによる逐次化など、現在および将来に向けたビジネス・モデルを主体的に再構築できます。

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細

経済、環境、社会面の公約を果たすには:

航空宇宙・防衛産業のその他の課題