Aerospace Propulsion > Dassault Systèmes

航空宇宙の推進システム

エンジン・プログラムを加速させて、前例のない需要に対応しながらコストを削減。

航空宇宙業界の推進システムに変化をもたらすトレンド?

技術および環境面の躍進が、防衛産業の再編を後押ししています。その実態とビジネスに及ぼす影響をご確認ください。

トレンド

オペレーションのサポート

アフターセールス市場のトランスフォーメーションをサポートするには?

 

航空会社がコスト構造を合理化するために、アフターセールスとオペレーション・サポートから撤退する一方で、推進システム・メーカーは、この有望なビジネス領域で主導権を獲得することを目指しています。センサーの搭載、高度な分析、インテリジェントなスペア・パーツ管理、予知保全など、新しい技術を効率的に活用することで、運用中の製品全体の性能を向上させ、運用期間を伸ばして運用総コストを削減できます。

 

エンジンの使用時間に基づいて航空会社に利用量を請求する「Power-by-the-Hour」の取引は、過去10年間で最も大きなシフトのひとつです。これにより、OEMはエンジン機能に関連するリスクを負担する代わりに、運用中の製品の性能に関するより深い知見を獲得しています。

代替エネルギー源がもたらす大きな可能性を実証する必要があります。

バートランド・ピカール氏
バートランド・ピカール氏
パイロット社、創立者兼会長
トレンド

持続可能な推進システム

エンジンのイノベーションを通じて、業界の二酸化炭素排出量を削減するには?

 

今後10年間で、就航する航空機数が倍増する見込みです。航空宇宙・防衛産業では、温室効果ガス目標を達成する、より環境に配慮した航空機が求められています。推進システム企業は、クリーン燃料とコンポーネントの軽量化により、より効率的な推進エンジンとシステムを開発しています。

 

さまざまな技術イノベーション(新素材、設計・製造の最適化など)により、すでに大幅な改善が達成されています。しかし、国際民間航空機関(ICAO)が定めた目標を達成するには、さらに多くの目的を達成する必要があります。新しいアーキテクチャの開発が進み、新しいエネルギー源が将来の空の旅を築くために構想されています。

トレンド

新しい製造プロセス

製造を最適化して、市場の需要に対応するには?

 

ロケット・エンジンや航空機エンジン・メーカーは、生産レートを推進して、商用および防衛の前例のない受注残に対応すると同時に、サプライチェーンや需要の変動、国際的な混乱から自社を保護する必要があります。

 

納期目標を果たすために必要な製造の俊敏性を達成するだけでなく、全体的な二酸化炭素排出量を削減し、同時に、高度な複合システムを製造する課題にも対処する必要があります。

 

例えば、炭素繊維複合材と積層造形などの先進的な製造技術を活用することで、アセンブリーの複雑さを軽減し、より効率と品質を高めることができます。目的の性能レベルを達成するには、他にも多くの解決策を見い出す必要があります。

お客様事例を見る

将来に向けた持続可能な推進システムの開発

構想から製造まで、エンジン開発プログラムを加速: