Airports > Dassault Systèmes

空港

空港インフラの要件を満たし、快適な空の旅を提供。

空港の状況に変化をもたらすトレンド?

技術および環境面の躍進が、防衛産業の再編を後押ししています。その実態とビジネスに及ぼす影響をご確認ください。

トレンド

ショッピング

空港でのショッピング体験を向上させるには?

 

消費者を引き寄せ、独自性をアピールする新しい方法を創出することが、空港に求められています。双方向のバーチャル・リアリティ環境が当たり前になっている今、空港も消費者に高度かつリアルな没入型のショッピング環境を提供する必要があります。このような環境を実現することで、空港は強力な印象に残る体験を利用者に提供できます。

 

Nigel Dolby Consultingの試算によると、空港が取りこぼしているショッピングや外食の機会は、年間350億ドルに相当します。

 

メディア・ミックスを最大限に活用して、最大数の消費者にリーチすことで、これに対応することができます。空港は、旅の始まりから終わりまで、そのブランドとメッセージを一貫して確実に伝える必要があります。

ハーツフィールド・ジャクソンやその他の空港も同様に、常に最善を尽くして、乗客の体験を新たな高みに引き上げる機会を模索しています。

ドーン・グレゴリー氏
ハーツフィールド・ジャクソン社、イノベーション&パフォーマンス担当ディレクター
トレンド

空港利用の増加

インフラが追いつかないほど急増している空港利用を管理するには?

 

空港を利用する旅客と貨物は、2037年まで大幅な増加が見込まれています。このような航空および旅客の需要に対応する、空港インフラの拡張および最新化が期待されています。予想されている旅客や離発着の増に対応できる、空港インフラが必要です。

 

新規ターミナルや空港インフラの増設計画および建設には何年も要するため、空港は利用増加を管理する計画を立てる必要があります。空港の運営事業者は、予想される増加をサポートする技術を見つけ出し、旅客と貨物に対応する必要があります。乗客の体験を向上させることは、空港の将来に向けた大きなマーケティング戦略のひとつです。特に複数の空港が存在する市場では、航空会社の利用客にアピールすることで、最大限のメリットを得ることができます。

 

世界で最も多忙な空港であるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港など、先進的な施設では、デジタル技術を活用してエンドツーエンドの旅行体験を向上させています。

バーチャル・ツイン・エクスペリエンスは、施設の設計、オペレーション、メンテナンスの方法にトランスフォーメーションをもたらします。バーチャル・ツイン・エクスペリエンスを空港の施設管理に使用することで、大幅なメンテナンス・コストの削減を見込めます。

ダッソー・システムズ < 航空宇宙・防衛産業 < アイザック・ベンザケン
アイザック・ベンザケン
ダッソー・システムズ、エアポート・エクスペリエンス・インダストリー・ソリューション・ディレクター
トレンド

インフラストラクチャ&メンテナンス

空港インフラとメンテナンス機能を最適化するには?

 

空港インフラの大半が老朽化しているため、世界中で急増している航空輸送への対応に課題が生じています。IATAのアナリストによると、航空会社、旅客、貨物業者は、安全性と機能的かつ手頃な利用料を空港インフラに求めています。2030年までに1.2兆から1.5兆米ドルの支出が、世界の空港インフラ開発に見込まれています。

 

適切なメンテナンス行うには、トラブルの原因と影響およびメンテナンスの水準が低下し始めた時期を特定し、メンテナンスに関する情報に基づく短期および長期の意思決定を行い、修理技術の詳しい知識を備える必要があります。また、空港のオペレーション環境に関連する特別な配慮にも対処する必要があります。

 

オペレーションおよびメンテナンス部門は、24時間体制で業務を遂行する必要があります。また両部門の業務は相互に依存しているため、チーム・メンバーが共通の目標に向けて効率的に連携できることが不可欠です。有形資産のほとんどがさまざまな環境にわたって分散されているため、空港ではこれらの資産を常に監視して最適な利用レベルを維持し、最終的に乗客の体験を高める必要があります。

スマートな空港になるために必要なのは技術だけではありません。スマート空港のインフラの一部であるセンサーが収集するデータを活用する必要があります。

アニール・パテル氏
ワシントンDCベース国際空港評議会(ACI)航空政策担当バイス・プレジデント
トレンド

オペレーションの俊敏性

オペレーションの俊敏性を高めるには?

 

空港は利用客の大幅な増加に直面しています。遅延のない円滑な空港オペレーションを保証することが重要です。つまり、空港オペレーションを最適化して、予期せぬ事態に迅速に対応する柔軟性を備えることが重要になっています。すべての空港関係者の強力な連携により、ビジネスの停滞を乗り越えることができます。この前例のない課題に対処するには、一致団結が必要です。迅速な意思決定と関係者の連携が、実効的な変革の重要な要素になっています。

 

空港は、さらなる柔軟性を備えて、新たな規制に適合する必要があります。

 

将来を見据えて、全体的な環境を評価し、コストを抑えるために、オペレーション・モデルを見直す必要があります。空港の経営陣は、オペレーションの意思決定の調整が空港全体に与える影響を包括的な視野 で捉える必要があります。オペレーションの調整は、より効率的、効果的かつ柔軟な空港のオペレーションをサポートするために必要です。

スマート空港の乗客体験トランスフォーメーション

空港は、将来に向けたスマート・インフラの開発により、乗客の体験を革新しています。

お客様事例を見る

空港の将来を創生する

既存のインフラを最適化して、将来に向けた空港を構築: