Dassault Systèmes < Aerospace & Defense industry < Defense

防衛産業

イノベーションを加速させ、納期、コスト、スケジュールを順守して納入。

防衛産業に変化をもたらすトレンド?

技術および環境面の躍進が、防衛産業の再編を後押ししています。その実態とビジネスに及ぼす影響をご確認ください。

[兵器]の最新化が進んでいます。これは長年目にしなかった状況です。

ロバート・ウィットマン氏
下院軍事委員長、Seapower and Projection Forces Subcommittee
トレンド

防衛システム獲得の加速

最新防衛システム獲得プロセスを合理化するには?

 

世界各国における不安定な情勢が引き金となり、かつてない防衛最新化の時代に突入しています。世界中の国々において、自国の防衛力を強化し、21世紀の新たな戦闘脅威に対抗するために、より高性能な兵器システムの開発と獲得に多大な投資が行われています。

 

急展開する脅威に対して、迅速に再構成および調整できる機能およびシステムを開発することが主な課題です。このような状況において不可欠なのは、すべての関係者間の効率的な連携です。

 

スピードが求められるのは、設計・製造のレベルだけではありません。必要なときにシステムを利用するには、獲得サイクル全体を短縮する必要があります。

トレンド

最先端技術

リスクと不確実性を排除して、最先端技術を統合するには?

 

世界中の防衛受託業者が、先進技術を最新の兵器システムに取り入れ、有人および無人システムの実効性と多様性の大幅な向上を達成しています。新しいタイプの脅威に対抗するには、防衛資産を「システム・オブ・システムズ」アプローチに組み合わせて、常に複数の防衛資産に適応して、展開するミッションをサポートする必要があります。

 

環境の複雑化に伴い、他の防衛システムとの相互運用およびサプライチェーン全体を通じてのより緊密な連携が必須になっています。

 

人工知能、高度な解析、新素材、高度な生産方法への信頼が高まる中、システムの性能が改善され続けると同時に、コスト削減が推進されています。防衛受託業者は、最新の機能を統合して、現代のシステム要件に対応する必要があります。一方で、最先端技術導入の信頼性と有効性を保証する必要があります。

防衛製品やシステムは、ますます複雑化しています。これに伴い、データも莫大に増加しています。必要なプログラムの実行パフォーマンスを達成するには、データ管理が極めて重要です。

ダッソー・システムズ < 航空宇宙・防衛産業 < ビジネス・コンサルティング・ディレクター < アレクシス・バロイ
アレクシス・バロイ
航空宇宙・防衛産業ビジネス・コンサルティング・ディレクター、ダッソー・システムズ
トレンド

プログラムのパフォーマンス

全体的なコスト構造を改善しながら、より多くの防衛機能を提供するには?

 

防衛予算は再び増加傾向に転じていますが、構造的な間接費や非効率面の懸念が残されています。

 

防衛関連企業は、従来の特注開発モデルに基づいて、新たなイノベーションを模索しています。しかし、この開発アプローチは、最先端の開発やコンプライアンス要件に対する負担が大きく、高コスト構造が定常化し、開発サイクルが長期化し、市場への先行投資の可能性も限られます。

 

これに対処するには、バリュー・ネットワーク全体にわたってのプログラム管理により、さまざまなシステム要件で求められる納期と予算を順守して納入を改善する必要があります。

トレンド

ミッションへの対応

防衛システムのミッションへの対応レベルを向上させる?

 

サポート・維持費がライフサイクル・コストに占める割合が70%を超えています。このため、ライフサイクル・コストを削減して、ミッション対応の目標を達成することが、重要な防衛システムの主な課題です。

 

短期および長期の意思決定が防衛システムのコストとパフォーマンスに与える影響を理解するには、極めて大量の構造化および非構造化オペレーション、物流、メンテナンス関連のデータを予測して対処することが重要です。

防衛最新化の重要な実現要因

防衛予算の増加、極超音速や自律システムなど、画期的な技術の躍進が、今般の前例のない防衛最新化の時代を後押ししています。

お客様事例を見る

将来に向けた防衛プログラムの推進

モデル・ベースの取得からミッション・エンジニアリング、スマートな維持まで、軍事プログラムを加速させる: