self aware software driven solution > Hero Banner > Dassault Systèmes

自己認識ソフトウェア主導型システム

どこからでも機械の汎用性および性能を促進

機械との対話:製造の未来

世界はこれまで以上につながっています。これには、社会が依存している高度で複雑な機械も含まれます。

記事をご覧ください

新たな課題に対応

どこからでも機械の汎用性および性能を促進

現在、メーカーのお客様は、市場の要求に俊敏に対応するために、機械の機能と接続性の向上を求めています。よりスマートなコネクテッド・システムは、複数の分野のプロセスを合理化するだけでなく、イノベーション製品を創出して提供する能力を向上させます。

ソフトウェア主導型の機械は、産業オートメーションの継続的な移行において、組み合わせて使用されています。より多くのセンサーを導入することで、ソフトウェアによる機械機能をさらに向上させ、効率を高め、自律型機械をサポートし、リアルタイム・データによって生産ラインの効率を高めることができます。

システム、人、データを結び付けることで実現

戦略採用

ソフトウェア、機械、人員を同期

ダッソー・システムズ3DEXPERIENCE®プラットフォームにより、メーカー企業は複数の技術分野の複雑さを簡素化して、迅速なイノベーションを実現できます。機械が相互にやり取りしてスマート化する、インテリジェントな接続環境の構築を支援します。収集された情報を最適化して、生産性を向上させ、複数の拠点において製品開発、受注処理、サービス活動を一元化できます。

成功事例

データ最適化による、卓越したオペレーション

Doosan Infracore社は、ダッソー・システムズ 3DEXPERIENCE®プラットフォームにより、製品開発、複数拠点の連携、製造シミュレーションを向上させています。

イノベーションを加速させ、コストを最小限に抑えて、品質を向上させるためには、ユニバーサル言語として 3D 対応のグローバルな連携環境が不可欠です。

Tae-Hwan Kim 氏
Doosan Infracore 社、Executive Vice President

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細

貴社の専門領域への取り組みおよびビジネス目標の達成を支援する、ダッソー・システムズのインダストリー・ソリューションをご覧ください。

産業機械業界のその他の課題