Equipment as a Service > Dassault Systèmes

サービスとしての産業機械

製品開発プロセスの開始時に、保守サービスの必要性を含めておくことで、業務の円滑な継続、アフターセールス収益の可能性を拡大

第4次産業革命における産業機械

働き方や顧客との関わり方が大きく変化しています

新たな課題に対応

サービス契約のさらに一歩先

機械の稼働している一分一秒が、収益に結び付いています。サービスとしての産業機械は、サービス契約のさらに一歩先、つまり、より効果的なビジネス・オペレーションと、使用した分だけ支払う、あるいは成果に応じて支払うモデルに基づく、よりシンプルな財務モデルを提供します。これにより、OEMのお客様は、高額な資本支出(CAPEX)の購入モデルを、営業経費(OPEX)で管理して複数年のサービス契約に置き換えることができます。

 

このビジネス・トランスフォーメーションにより、産業機械の製品開発プロセスの最前線でサービスを配置することができます。また、OEMとOEM顧客の利害を一致させ、経常収益フローを提供し、リアルタイムのオペレーション・インテリジェンスを通じて、より親密な顧客関係をOEMに提供します。

戦略採用

機械の稼働前にメンテナンス計画を策定</h3>

3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤とする、サービスとしての産業機械は、産業機械開発の最前線にサービスを提供するインダストリー・ソリューションです。設計にサービス要件を盛り込むことで、機械のメンテナンス作業が迅速かつ容易になり、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。変更管理、問題点の追跡を効率的に、既存知識の再利用をより効果的に行うことができ、その結果、イノベーションの加速がより容易になり、新たなオポチュニティが作り出され、企業をさらに上のレベルに引き上げることができます。


機械が生成するデータを含む、複数の異種ソースからの最新かつ信頼性の高いデータにアクセスして、ユーザーがカスタマイズしたダッシュボードで表示できます。

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細

産業機械業界のその他の課題