Sea Freight > Dassault Systèmes

海上貨物

海上輸送を最適化

海上貨物の動向、状況の変化?

課題

デジタル化および連携

海上貨物では、依然として多くの手作業が常態化しています。その一方で、港湾ではバリューチェーン全体におけるイノベーションの導入が試みられています。市場への投資増加とコスト削減により、海運セクターにおける技術導入は継続的な増加が予想されています。

 

一部の企業は、未だにEメールや手渡し、さらにはエラーの起こりやすいファクスでのやり取りを行っています。これらを刷新して、特にアプローチ・サービスやドライ・ポートでは、連携ツールを使用する必要があります。

 

 

課題

バーチャル・ツイン

オペレーションのバーチャル・ツインを構築。オペレーションの単なるデジタル表示だけではなく、5GによるIoT/センサー・データを取り入れたライブ・モデルが必要です。

 

これにより、オペレーションの可視化のみならず、より多くの情報に基づく意思決定により、排出量削減、サービス向上、コスト削減を促進できます。もはやこれは架空の話しではありません。ダッソー・システムズは、長年にわたって実績を積み重ねてこれを実現しています。

 

 

 

課題

排出量削減

海運業界は脱炭素化、ガス排出量削減を迫られています。国際海事機関は、国際海運による温室効果ガス排出を2050年までに50%削減することを目標としています。また、欧州連合などの他の規制機関も、炭素排出に対処するために追加課税を予定しています。

 

デジタル化およびデータ収集・処理による完全な可視化により、海運業界のお客様は、二酸化炭素排出量を削減する継続的な改善を実現できます。

 

課題

エンドツーエンド・コンテナ管理

コンテナ・サイクルの混乱により、処理に遅延が生じています。今般のコロナ禍により、設備を利用できないという事態が発生しました。ビジネスの運営には確実性が必要です。

 

数百または数千の拠点や従業員にわたって機器の可視化を共有して、インサイト、予測情報、計画および最適化機能を提供します。

 

 

 

俊敏性の維持および変更への迅速な対応には、完全に接続および統合された環境が重要です。これにより、今後の課題に備えることができます

 

ビクター・ベセラ
ダッソー・システムズ、ロジスティクス・バリュー専門家
課題

ドアツードア・サービス

ドアツードア・サービスには、自社のリソースまたはパートナーによる集荷、インターモーダル・ネットワーク・サービス、出荷に至るまで、統合型の計画アプローチが必要です。

 

エンドツーエンド(E2E)サプライチェーンには、サービス構想から設備、集荷、インターモーダル・ネットワーク・サービス、出荷(自社所有またはパートナーのリソースによる)に至るまで、完全な統合型プロセスが含まれます。これにより、顧客満足やフィードバックが確保されます。

 

プロセスの各段階がサイロ化された従来のサプライチェーンでは、個別に処理される各業務が重視されます。その結果、プロセス全体にわたって効率化が図られていません。

 

E2Eサービス・プラットフォームは、包括的なビューにより、すべてのサプライチェーン機能を統合します。これにより、可視化を大幅に改善して、これまで考慮されてなかった効率面の改善を図ることができます。

 

 

 

お客様事例を見る

海上貨物専用ソリューション

ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤とする、ビジネス・サービス専用のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスにより、海上貨物に固有の課題への取り組みを支援します。