Rail Freight > Dassault Systèmes

鉄道貨物

鉄道貨物を推進

鉄道貨物の動向、状況の変化?

課題

道路から鉄道輸送へのシフト

欧州委員会は2021年を「欧州鉄道年」として、ヨーロッパ鉄道網の整備計画を打ち出しました。欧州グリーン・ディールには、各国が実施および展開すべき鉄道貨物に関する政策が数多く含まれています。また、企業が目標として掲げている貨物の脱炭素化において、最もクリーンな輸送として鉄道貨物が支持されています。

 

排出量を最低限に抑え、交通渋滞を緩和し、都市部の騒音公害や事故を削減するために、多くの企業が貨物の一部を従来の輸送手段から鉄道に転換することを誓約しています。

 

 

課題

従業員の福利と安全

安定した鉄道サービスの運営には、必要なリソースの確実な計画が必要です。鉄道貨物には熟練労働者が必要ですが、今後は減少傾向のため、労働規制の元でさらに保護されています。サービス業務には、的確なスキルを備えた人材の適所かつ適時な配置が必要です。

 

また、労働規制や組合協定を遵守し、公平で柔軟なスケジュールを立てる必要があります。ワークフォース・プランニングは、従業員の取り組みと顧客サービスのみならず、コスト管理にも役立ちます。

 

 

課題

排出ガス規制

鉄道は大半が電動車両であり、気候変動に適応していますが、環境に配慮した資源から再生可能エネルギーを100%利用することが目標として掲げられています。国際鉄道連合の欧州加盟国は、2030年までに乗客キロあたりおよびトン‐キロあたりのCO2排出量50%削減を公約しています。

 

再生可能な電力の使用と電力の脱炭素化は、鉄道会社がさらに取り組むべきCO2排出量削減の重要な要素です。これには、技術、トランスフォーメーション、デジタル化のさらなる採用が必要です。

 

 

課題

資産とインフラのライフサイクル

インフラやITシステムの老朽化は、運用リスクを高め、メンテナンス・コストの上昇を招きます。より大きな需要に対応するために、鉄道網の整備や拡張に多くの投資が行われています。

 

プロジェクトの構想から実施まで、スケジュール通りに進行およびコストを管理。鉄道車両やインフラのメンテナンスに至るまで、鉄道貨物のお客様は、リソースの有効活用および統合型計画プロセスの改善により、資産のライフサイクルを拡張させる必要があります。

 

俊敏性の維持および変更への迅速な対応には、完全に接続および統合された環境が重要です。これにより、今後の課題に備えることができます

 

ビクター・ベセラ
ダッソー・システムズ、ロジスティクス・バリュー専門家
課題

エンドツーエンド・サービス

エンドツーエンド(E2E)サプライチェーンには、サービス構想から、設備、基幹輸送ネットワーク、ファースト・マイルとラスト・マイル、顧客満足度およびフィードバックに至るまで、完全に統合されたプロセスが含まれます。

 

プロセスの各段階がサイロ化された従来のサプライチェーンでは、個別に処理される各業務が重視されます。その結果、プロセス全体にわたって効率化が図られていません。

 

E2Eサービス・プラットフォームは、包括的なビューにより、すべてのサプライチェーン機能を統合します。これにより、可視化を大幅に改善して、これまで考慮されてなかった効率面の改善を図ることができます。

 

 

お客様事例を見る

鉄道貨物専用ソリューション

ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCE®プラットフォームを基盤とする、ビジネス・サービス専用のインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスにより、鉄道貨物に固有の課題への取り組みを支援します。