持続可能性の要件を満たしつつ、製品性能 KPI に準拠

NETVIBES Virtual Product Development ソリューションは 3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤としており、コストおよび持続可能性の定義と製品の評価にかかる時間を短縮し、ビジネス目標値と比較することができます。全社の関係者は、コストと持続可能性の指標を監視し、その影響を評価し、製品開発ライフサイクル全体を通して適切な決定を下すことができます。環境と製品性能の影響を評価して予測することによって製品の持続可能性を向上し、KPI を満たし、それを超えます。 

 

NETVIBES Virtual Product Development の主なメリット

目標とするコストを最適化

コスト効率に優れた方法で業界標準に準拠します。

材料要件を削減

エネルギーを削減しつつ、持続可能性の規制を遵守します。

適切に妥協する

最善の意思決定を行い、KPI を達成します。

持続可能性の目標を実現

「what-if」解析を実行して、製品性能を最大限に高め、環境への影響を最小限に抑えます。

データ中心のプラットフォームを 3DEXPERIENCE に決めるにあたり、疑問の余地はありませんでした。単一の情報ソースで作業ができます。全員がアクセスでき、当社のプロジェクト管理システムとリンクしています。適切なデータか、最新バージョンかといった不安を抱く人はいません。情報は、誰にとっても一元管理されています。大きく様変わりしました。

Piveteaubois 社、Maxime Besnard 氏のポートレート > ダッソー・システムズ
Maxime Besnard 氏
PIVETEAUBOIS 社、PROJETSBOIS マネージャー

さあ、始めましょう

その他の情報

Optimize Product Durability > Transcend Take, Make and Waste > Dassault Systèmes®
Optimize Product Durability to Transcend Take, Make and Waste
Durable products and parts last for life. Discover how to extend the product lifecycle with data analytics and transition from a linear to a circular economy.
ネットゼロに向けて主要な役割を果たすライフサイクルアセスメントを活用し、サステナビリティの目標を達成する > ダッソー・システムズ
ライフサイクルアセスメント:ネットゼロの実現に大きな役割を担うライフサイクルアセスメントを導入し、サステナビリティの目標を達成する
ライフサイクルアセスメントは今や製品やサービスが環境に与える影響を測定するだけではありません。デジタル化と組み合わせることで、実際に製造する前に誰でも持続可能性を見極めることができるのです。その方法をご紹介します。
ダッソー・システムズ > サステナビリティ・インサイト・ バナー
持続可能なイノベーションの実現
バーチャルツインのテクノロジーがどのように製品、プロセス、ビジネスモデルの再考を支援し、画期的でサステナブルなイノベーションを短期で実現するのかをご覧ください。
NETVIBES Collaboration & Intelligence > ダッソー・システムズ
Collaboration & Intelligence
人、データ、プロセスを結び付けることで、データを活用してより良い意思決定を下すことができます
NETVIBES Customer Experience > ダッソー・システムズ
Customer Experience
データ主導型の資産運用管理により、製品の可用性を最大化
NETVIBES Planning > ダッソー・システムズ
Planning
目標を達成するために、市場動向、プログラム、製品に関する意思決定の材料となるインサイトを獲得
NETVIBES Value Network > ダッソー・システムズ
Value Network
きめ細かな部品管理により、コンポーネント調達と標準化を最適化

NETVIBES のソリューションの詳細

企業のあらゆる階層で、より多くのより優れた情報に基づいてビジネス上の意思決定を下すことができます。ダッソー・システムズのソリューションがどう役立つかについて、NETVIBES 担当技術者がご説明します。

使用開始

学生、教育機関、専門家、企業向けのコースとクラスをご用意しています。お客様に最適な NETVIBES トレーニングを受講してください。 

サポートの利用

ソフトウェアやハードウェアの資格認定、ソフトウェアのダウンロード、ユーザー・マニュアル、サポート連絡先、サービス・オファリングに関する情報はこちら