ENOVIA 3DEXPERIENCE

製品の主な改善点

3DEXPERIENCE ENOVIA

3DEXPERIENCE ENOVIAは、企業内のあらゆるユーザーを対象とした技術系/業務系アプリケーションの幅広いポートフォリオを活用して、成功の定義を計画することができます。ENOVIAを採用することで、チームが連携して共に変革を推進し、成功するプランを作り上げて実現させることができします。そのプランは柔軟性に優れ、継続的な最適化、リアルタイムの進捗管理、業界標準や規制への準拠を可能にします。

ENOVIAは、11業界のユーザーに一元管理されたセキュアな環境を提供し、いつでもどこでも機器を問わず、最新の製品定義データへのアクセスを可能にします。

ENOVIAには、設計データ/関連文書管理(PDM)、製品ライフサイクル管理(PLM)、変更/構成管理、承認、設計レビュー、知的財産の保護と再利用、製品定義とリリースの管理(eBOM)、品質、コンプライアンスという包括的かつロバストな数々の機能が製品開発向けに用意されています。着想段階から引き渡しに至るまで、ENOVIAのロールとアプリケーションがデジタルな連続性を確保し、開発プロセスにおけるバリュー・ネットワークにあらゆる人々を巻き込むことで、製品全体を確実に定義できます。

これまでに投資したIT資産を無駄にしないように、ENOVIAでは、CATIA V5、SOLIDWORKS、サードパーティ製の機械/電気設計アプリケーションなど、ファイルベースのCADアプリケーションを3DEXPERIENCEプラットフォームにつなぐことで、設計環境内からENOVIA機能へのアクセスを可能にし、バリュー・ネットワーク全体で設計データを簡単に共有できます。設計データは、ウェブベースのアプリケーションでシームレスに公開され、レビューを経て製品定義に反映されます。

ENOVIAはまた、ビジネスと製品開発パイプラインを連携させて、市場チャンスを効果的に捉え、画期的な製品やサービスを開発することができます。業務系アプリケーションのポートフォリオには、製品ポートフォリオ管理、品質管理、要件管理、プロジェクト/チーム向け計画ソリューションなどがあり、関係者はこれらを使用することで企業の戦略や標準に沿った共通計画の策定に参加しやすくなり、計画をリアルタイムで最適化することもできます。