イノベーションを実現するには、コラボレーションが必要です。新しいビジネス・アイデアに連携して取り組んでいるとき、計画を実行しているとき、トレーサビリティーを確保しているとき、どんなときもイノベーションの推進には、効果的なコラボレーション・プロセスが不可欠です。効果的なコラボレーションを実現するには、プロジェクトのすべての段階で各チームが貢献できるようにする必要があります。これにより、ビジネスのすべての領域でアイデアを共有し、最新の情報に基づいて意思決定を行うことができます。このプロセスを構築し、維持するには、コラボレーションをサポートする適切なテクノロジーを選択することが非常に重要です。

部門の枠を越えたコラボレーション

関係者すべてがビジネス・イノベーション・プラットフォームを利用する

ダッソー・システムズのクラウドベースの 3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤とする ENOVIA は、効率的なコラボレーションによってイノベーションを推進するための強力なツールです。このプラットフォームが、組織の多種多様なチームが連携し、一丸となってイノベーションを実現するために必要なフレームワークとなります。

さあ、始めましょう

多種多様なチームが一丸となってイノベーションを実現

未来を変えるには、今までとは異なる視点で物事を見る必要があります。3DEXPERIENCE プラットフォームなら、「この次」に迅速に適応できるため、制約なしにチーム間のコラボレーションとイノベーションが実現します。3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤とする ENOVIA を導入し、組織のコラボレーションを効率化している大手企業の事例をご紹介します。

3DEXPERIENCE プラットフォームのユーザー Familia Torres 社 - ダッソー・システムズ

ビジネス・オペレーションを変革

ファミリア・トーレス(Familia Torres)は創業から1世紀半以上にわたってワインを生産しており、現在、150を超える国にワインを輸出しています。

イノベーション開発プロセスを最新化し、新商品を発売するまでにかかる時間を短縮することを目的に、3DEXPERIENCE プラットフォームを導入しました。その結果、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムに把握し、今後もビジネスを成功させるために必要な俊敏性を獲得することができました。

ENOVIA at Valmet > Dassault Systemes

共同思考; 持続可能な未来

Valmet 社は、パルプ、製紙、エネルギー産業のグローバル・デベロッパーであり、サプライヤーです。そのグローバルな生産環境を進化させ、現代的な作業慣行で従業員をサポートしようと考えていました。クラウド上のデジタル・ビジュアル管理ボードを使用して会議をサポートし、リッチ・コンテンツとリーン原則に基づいて意思決定を行っています。現在、オフィスと工場の両方の従業員がそれぞれの目標を明確に理解し、各会議の後には、必要なアクションとそれぞれのアクションの責任者を明確に把握するようになりました。

全員が 3DEXPERIENCE プラットフォームを非常に気に入っています。特に、承認ループによって、タイムラインが大幅に改善されました。誰もがどこからでもドキュメントを閲覧でき、スマートフォンで承認プロセスを処理できるので、非常に助かります。プロジェクト管理の効率がさらに向上すれば、中間段階でミスが発生するリスクが減り、市場投入までの時間を短縮することもできます。プロジェクトの承認にかかる時間が半分になりました。

Francesc Gómez 氏の人物写真
Francesc Gómez Montenegro 氏
Familia Torres 社、最高執行責任者

その他の注目トピック

エンジニアリングから製造までを合理化
変化し続ける世界でイノベーションを実現
PLM 戦略を見直す
PLM を超えるイノベーション・プラットフォームに移行する
データ駆動型プロジェクト管理
プロジェクトをスケジュールどおりかつ予算内で実施
コラボラティブ・メカトロニクス・エンジニアリング
俊敏性を手にしてイノベーションを加速 
総合的な品質管理を習得
事後対応から事前対応へ
SmarTeam から 3DEXPERIENCE プラットフォームへ
次世代 PLM システムへの移行

ENOVIA によって実現されるもの

組織の規模の大小を問わず、シームレスなコラボレーションと持続可能なイノベーションに、ダッソー・システムズのソリューションがどう役立つかについて、ENOVIA 担当技術者がご説明します。

始めましょう

学生、教育機関、専門家、企業向けのコースとクラスをご用意しています。お客様に最適な ENOVIA トレーニングを受講してください。

ヘルプを利用する

ソフトウェアやハードウェアの資格認定、ソフトウェアのダウンロード、ユーザー・マニュアル、サポート連絡先、サービス・オファリングに関する情報はこちら