お問い合わせはこちら

ラボラトリ・インフォマティクス

イノベーションと意思決定を促進

科学ベースの組織では、イノベーションを推し進めながら、品質を最大化して規則にも沿いつつ、効率もまた高めることにより、オペレーションを最適化する必要があります。こうした課題はラボ環境にも当てはまり、ラボ環境では研究プロセスから効率の悪さとコンプライアンスのリスクを排除し、イノベーションを生み出すコラボレーション環境を用意することが求められています。

このような課題の解決策となるのが、分断された紙ベースのプロセスをなくすことです。紙ベースのプロセスは、エラーが発生しやすく、研究、開発および製造のライフサイクルを通して関連データにアクセスしにくいからです。イノベーションを促進し、プロセスや製品を最適化するためには、ライフサイクルのできるだけ早期に意思決定を行うことが不可欠です。デジタル・ラボラトリ・インフォマティクス機能を活用すれば、研究ワークフローの合理化や効率化のほか、協調や標準化も可能になり、完全に統合され自動化された導入しやすいプロセスが実現します。

主なメリット

  • 設計および開発プロセスをスピーディーに
  • 正確かつ消去不可の実験結果を活用して意思決定を効率化
  • ラボ・アクティビティとプロセスを追跡して高度なインサイトとリソース割り当てを実現
  • ラボで直接データを取得し、以降のあらゆる作業のために情報の一元管理として保管することで、コンプライアンス・リスクを削減
  • あらゆる場所やドメインで、データの検索、収集にかかる時間を大幅に短縮
  • 承認サイクルを加速、手戻りを削減
  • 実際の科学的データに基づく創薬プロジェクトの推進

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • Scientific Decision Maker

    オンクラウド オンプレミス
    簡潔で状況に応じたライブ・データ・アクセスに基づき、製品やプロセスのイノベーションについて効率的かつ情報に基づいた意思決定を行えます。 創薬プロジェクトでの意思決定で必要とされる科学的ビューに対し、完全、簡潔、独自性のあるアクセスが可能です。
    • ターゲット製品プロファイル計画で構造化された科学的データ
    • 生体内/生体外/コンピューター内の 結果はTPPへの回答として統合
    • プロジェクトの全段階での物質、プロトコル、テストのトレーサビリティー
    • 効率的な実験タスクと結果の復元
    ロールを確認する