バーチャル・ツイン > ダッソー・システムズ

バーチャル・ツイン・エクスペリエンス

現実と仮想を結び付ける

バーチャル・ツイン・エクスペリエンスとは?

バーチャル・ツイン・エクスペリエンスは、単なるデジタル・コピーではなく、数学的モデルや科学的法則に基づいて実世界を表現します。バーチャル・ツイン・エクスペリエンスは、仮想(物体の抽象モデル)と現実(企業、モノのインターネット、クラウドからのデータ・ソース)を組み合わます。

バーチャル・ツインは、仮想世界と実世界間を閉ループでつなぎます。これにより、あらゆる可能性やシナリオを模索して、継続的に検証し、知識を引き出して最適化できます。

現在利用されているバーチャル・ツインをご覧ください。

バーチャル・ツイン | 3DEXPERIENCE > ダッソー・システムズ
バーチャル・ツイン > ダッソー・システムズ

仮想世界と実世界を一体化

バーチャル・ツインによる、仮想モデリング、シミュレーション、可視化を通じて、実現すべき製品を創出して、実世界 に導入して展開できます。実世界のデータにより、バーチャル・ツイン・モデルを補強し、同一の動的なコピーを維持し、実世界のオペレーションのあらゆる側面を改善するために利用できます。仮想世界と実世界を融合し、双方間で情報を継続的に連鎖させることで、以下のメリットがもたらされます:

  • 持続可能なイノベーションと卓越性を促進
  • バリュー・ネットワーク構築をサポート
  • 未来の働き方を強化。

3DEXPERIENCE Twinが促進するトランスフォーメーションをご覧ください。

実世界から得られる学習と経験を活かす

プロセスやオペレーションのライフサイクル全体を通じて、すべてのデジタル資産を活用し、実世界と仮想世界のギャップを限りなくゼロに近づけます。3DEXPERIENCEプラットフォームが提供するデータ主導型およびモデルベースのソリューションと現実のデータを組み合わせ、製品を製造あるいはサービスやプロセスを導入する前に、生じ得る影響をシミュレーションして評価できます。

プロセスやオペレーションから得られる学習経験を実世界での挙動を確かめるために役立て、エンジニアリングや建設から原子力発電所や鉱山など危険性の高い現場におけるオペレーションに至るまで、仮想シミュレーションの有効性を高めることができます。

製造におけるリスクをより早期に評価し、生産力を高めるには?

3DEXPERIENCE Twinが促進するトランスフォーメーション > ダッソー・システムズ

デジタル・ツインのさらなる先

クラウド版バーチャル・ツイン・エクスペリエンスが、大手企業と同様のメリットおよびROCを中小規模メーカーにもたらしています。

クラウド版バーチャル・ツイン:2020年の最先端技術

Engineering.com社の協力を得て、エンジニアリング・エコシステムのバーチャル・ツインのユースケースに関する調査を実施しました。

CO2削減 > ダッソー・システムズ

持続可能性を促進する、バーチャル・ツインの重要な役割

将来に向けてより持続可能な経済を実現するために必要な、まったく新しい製品、材料、製造プロセスを創案、設計、検証する必要があるお客様や環境において、ダッソー・システムズはバーチャル・ユニバースが重要な成功要因になると強く確信しています。

関連コンテンツ

3DEXPERIENCEプラットフォームの詳細

説得力のある提案

3DEXPERIENCEプラットフォームがもたらすビジネス・イノベーションをご覧ください。