データ・サイエンス

データ・サイエンス

データを実用的な知識に高め、情報に基づいた意思決定を推進

データ・サイエンスの力を活用すると、業務にブレイクスルーを起こすことができます。また、かつてないほど迅速かつ容易に、過去から学び、より良い未来に至ることができます。<br>3DEXPERIENCEプラットフォームはデータ・サイエンスの力を最大限に引き出すことができる機能を備えています。さらに、全てのデータを一つに集約でき、様々なコラボレーションツールを統合することができるので、離れた場所にあるチームでもアジャイルに共同作業を行うことができます。結果として、データを実用的なナレッジに高め、複雑な現実世界の状況をモデル化し、業務における過程や作業、行動を改善して、競争上の優位性を得ることにつながります。

データを実用的なナレッジに高める

様々なソースからの膨大なデータを、意味のあるリアルタイムのインフォメーション・インテリジェンスに変換することで、組織全体の意思決定のスピードを上げることができます。また、ワークフローを共有、解析し、再利用できるので、コラボレーションや継続的な改善が促進されます。企業は、全てのエンタープライズ・データを取得、解明し関連付けを行うことで、組織内の豊富なナレッジを活用することができます。データが実用的なインサイトに昇華するので、ライフサイクル全体にわたって製品とサービスのイノベーションが加速し、業務におけるプロセスの効率を上げることができます。

デジタルツイン
バーチャルツイン > ダッソー・システムズ

バーチャルツインを強化する

3DEXPERIENCEプラットフォームに構築されるバーチャルツインは、データ・サイエンスを組取り入れることで強化されます。現実世界と仮想世界のデータを併せて解析することで、現実世界と仮想世界の情報の隔たりをなくすので、ユーザーは重要な洞察を得やすくなり、より優れた意思決定を行えるようになります。また、AIと高度な解析が運用データについての重要な見識を明示するので、モデリングとシミュレーションのデータの質が高まり、バーチャルツインは複雑な変数に応じて変化しながら、what if(もし~だったらと仮説を立てて検証していく)実験を無制限に行うことができます。さらに、データ拡張型のバーチャルツインで構築したモデルを活用すると、様々な条件下での結果をより正確に予測することができできるので、組織はリスクを予測して事前に解決し、コストのかかるダウンタイムを回避し、パフォーマンスを最適化することができます。結果として、最高の結果を最大限にもたらすために、あらゆる意思決定の影響を理解することが可能になるので、最適な意思決定を行うことができます。

真に統合された環境

お問い合わせ

3DEXPERIENCEプラットフォームで貴社のビジネスがどう変わるかをご説明します。