アーバン・ルネサンス - ダッソー・システムズ

アーバン・ルネサンス

オンラインイベント

ダッソー・システムズは世界規模で社会が直面している環境問題に対する意識を高めるためのイニシアティブ「The Only Progress is Human (未来を拓くのは、人間)」の一環として、この度、「アーバン・ルネサンス」のイベントを開催します。このイベントを通して、ダッソー・システムズが描く理想の都市のアイデアを共有致します。アイデアを共有することで、人々が都市の課題に対する認識を高め、未来のための持続可能なソリューションの創出につながればと考えています。今回のイベントでは、ダッソー・システムズが描く未来の都市のビジョンを、韓国人アーティストYiyun Kang氏が東大門デザインプラザ(DDP)に3Dプロジェクションマッピングで投影します。東大門デザインプラザは、建築設計事務所ザハ・ハディド・アーキテクツ(Zaha Hadid Architects)がダッソー・システムズのCATIAのソリューションを活用して設計した、ソウルのランドマークです。

都市は人口増加や気候変動の問題を抱えており、人々の生活の質を高めるために、あらゆる面でより持続可能で「健康的」であることが求められています。そのためには、再生可能な資材でサステナブルな建物を建築し、住民が参加して将来の都市に対する共通認識を定め、よりインクルーシブ(包括的)な公共サービスを実現し、モビリティや農業、環境により配慮したエネルギーについて新たなソリューションを創出する必要があります。


そこで大きく役立つのが、ダッソー・システムズのバーチャルツイン・エクスペリエンスです。バーチャルツインを都市・インフラの課題の解決に活用することで、個々の建物、インフラ、都市全体を仮想世界でモデリング、シミュレーション、可視化、検証でき、最適なソリューションの創出と、現実世界で無駄のない改善を行うことができます。

Live Show - Urban Renaissance - Dassault Systèmes
Yiyun Kang氏 - ダッソー・システムズ

Yiyun Kang氏について

Yiyun Kang氏は、都市でのプロジェクションマッピングのインスタレーションのスペシャリスとして、国際的に活躍しているアーティストです。Kang氏は芸術、技術、体験を結び付けて、ハイブリッドな動画、空間的な広がりのある物語、従来のスクリーンを超えた空間の共生関係を探求しています。

Kang氏の作品は、ヨーロッパ、アジア、アメリカの多くの美術館やギャラリーで展示されています。また、Kang氏はいくつかのレジデンス・プログラムに参加した経験を有しています。

今回のイベントのためのプロジェクションマッピング作品GeoFutureは、Kang氏が、ダッソー・システムズが目指す都市の未来を解釈し、東大門デザインプラザをキャンバスにして投影するものです。

東大門デザインプラザについて

東大門デザインプラザ(DDP)は、ソウルの東大門歴史文化公園駅に直結する複合文化施設です。東大門デザインプラザの創案および設計にあたり、建築設計事務所ザハ・ハディド・アーキテクツ(Zaha Hadid Architects)はダッソー・システムズのプロダクトデザイン・ソリューションのひとつであるCATIAを活用しました。

 

2014年3月21日にオープンした東大門デザインプラザは、鉄、石、アルミ、コンクリートが織りなすキノコのような外観が印象的な近未来風のデザインで、ソウルの都市開発のランドマークとなっています。

東大門デザインプラザ(DDT) - ダッソー・システムズ

都市の持続可能性に関する記事