ソーシング&標準化ポートフォリオ

OnePartのロールと主要機能のご紹介

OnePartは多数のコネクターを活用して複数のソース、プロジェクト、サイトの部品情報をインデックス化します。 その後、すべてのデータは高度なセマンティック・テクノロジーによってインデックス内で整合化、分析されます。

ユーザーは数回のクリックでレガシー部品や関連する2D/3D設計を調べ、膨大な量のデータに対するインサイトを迅速に把握できます。並べて比較し、検索結果をさらに絞り込むことで、適切な再利用部品を特定できます。ユーザーはさまざまな形式の重要な関連ドキュメント(仕様、テスト、検証、認定資料)を分析することもできます。

品質管理、メソッド、標準化のユーザーは、会社資産のレガシー全体から部品を分類することが可能になります。形状の類似性やセマンティック基準に基づき、各部品は近似性で関連付けられクラスターを形成します。最終的にはファミリーおよびサブファミリーに分類されます。

各ロールの主な機能

「Part Procurement Analyst」でソーシングを最適化:

> OnePart ReduceアプリケーションおよびOnePart Supplyオンラインサービスを活用 > 次の機能によってソーシングの専門家がは発注の最適化が可能

  • 厚さ素材、厚さ、サプライヤー名などに基づき部品をグループ化し、大量発注を改善
  • 社内で新しい部品を作る代わりに、類似部品がマーケットに既存するかどうかを、10,000万点の部品が載るオンラインカタログで確認

「Standard Part Analyst」ロールで標準化プロセスを自動化:

> OnePart Reduce アプリケーションを 活用

> 標準化の専門家が会社の資産の中から(3D形状などの基準に基づき)類似部品を特定し、部品のファミリーへのグループ化が可能

> このグループの中から推奨部品を選出

> この情報が OnePart Reuseに公開されると、エンジニアと設計者はこれらのファミリーにアクセス可能になり、最初に再利用すべき推奨部品をハイライト

「Preferred Part Consumer」ロール(以前の「Part Reuse Analyst」)により再利用を促進:

> OnePart ReuseアプリケーションおよびOnePart Supplyオンラインサービス を活用

> 設計者選択ツールに組み込まれた、効率的な再利用エクスペリエンス を実現

> 以下の項目の実現が可能

  • 作成に必要な部品の類似部品に容易にアクセス
  • Standard Part Analystにより選択された推奨部品を類似部品から容易にハイライト
  • 部品の全方位検索(ERP/CRMおよびPLMデータを集約)で類似部品をコンテキストに応じ特定、再利用を検証するとともに、あらゆる関連ドキュメントにアクセス

 

 

各ソリューションの特徴

OnePart Reduce

  • 重複回避:3D形状の類似性に基づき類似部品同士をグループ化
  • カテゴリー化:3D形状の類似性にセマンティック基準を追加してユーザーの意図に合わせて部品をグループ化
  • アセンブリーの最適化:アセンブリーの構成品を、レガシーに保管された同等部品と比較し、定義された基準や重量、価格に基づき最適化を提案
  • ファミリーおよびサブファミリーを指定して、部品の分類を作成、更新
  • これらのファミリーから1つまたは複数のマスターを選択
  • ファミリー、サブファミリー、選ばれたマスターをOnePart Reuseに公開し、設計オフィスにおける再利用を促進

OnePart Reuse

  • 部品、アセンブリー、図面、その他の関連情報を、企業全体でレガシー検索
  • 単一のフルテキスト検索バーから横串検索(オートコンプリート、ワイルドカード、スペルチェック、マルチサジェスト)
  • 3D形状類似検索
  • サイドバイサイド属性比較
  • アセンブリーの親子関係
  • 3Dメカニカル フィーチャー マイニング(穴、パッド、溝などに基づき部品を特定)
  • ユーザーによるタグ付けを通じたコラボレーション
  • 検索結果を絞り込むファセット・フィルタリング:多項選択、分離
  • CADファイルのアップロードによる形状検索
  • 3Dビューア:ユーザーは直接プレビュー ページまたは全画面モードの画像で再生可能
  • ソースをすばやく追加してスキャンをスケジュールできる、専用インターフェース
  • [Open In Source]ボタンにより、ユーザーはソースを問わず、あらゆるファイルを直接開くことが可能

OnePart Supply

  • オンラインカタログにある1億種の製造済み部品にアクセス
  • 7百を超える世界中のサプライヤーにアクセス
  • 部品名や特性、または3D部品をアップロードした類似性で検索
  • 部品の特性と3Dプレビューを含む詳細なIDカードを確認
  • 可能なすべての部品構成にアクセスしてニーズに合致するものを選択
  • 異なる部品特性を並べて比較し、適切な部品を選択
  • 選択した部品を設計セッションにダウンロードしてプロジェクトにすばやく統合
  • 各部品にある情報からサプライヤーに直接連絡

 

 

サポート形式

  • CATIA V4, V5, V6 & CATIA 3DEXPERIENCE
  • 3DXML
  • AutoCAD
  • SOLIDWORKS
  • Pro/ENGINEER & Creo 3D
  • NX/Inventor
  • Intergraph Microstation
  • Solid Edge
  • IGES 3D
  • STEP 3D
  • JT
  • STL
  • メディア形式、Office形式、Zipファイル

 

 

OnePartのデータ移行機能

レガシーCADシステムを変換して新しい環境で開く場合、システムを問わずOnePartがその橋渡しをします。この機能は特に合併、買収後に有効です。OnePartを使用するメリット

  • 膨大量の移行は発生しない
  • データ品質を維持
  • 情報はレガシー・システムで保持され、必要に応じてアクセス可能
  • オンデマンドの移行をユーザーがコントロール
  • 移行でIPを外部に出す必要なし

» ソーシング&標準化ページに戻る