EXALEAD OnePart

ソーシング&標準化インテリジェンス

組織の再編、合併、グローバル・プロジェクトやイノベーションはいずれも新しい部品の生産を伴います。そのため、企業カタログ内の部品リファレンスが激増するとともに、部品を設計、製造、テスト、調達、保管するコストが増加します。カタログを最適化し1つにまとめるのは「難解なパズル」です。満足できる仕上がりにならずに会社のリソースが消費されるだけだけになることも多々あります。

EXALEAD OnePartは、この作業に必要なアプリケーション一式を提供します。会社の資産を分類して再利用できるマスター部品を特定し、エンジニアリングによる最適な部品選びを実現するとともに、会社のポリシーの実施状況を時間を追ってモニターします。さらに調達や購買でこのアプリケーションを活用いただくことで、注文をグループ化したり、適正価格の技術的に実現可能な代替ソリューションを選択したりすることで、発注を最適化できます。

» Knapheideのお客様活用事例をご覧ください

» Witturのお客様活用事例をご覧ください

» Bird Technologiesのお客様活用事例をご覧ください

標準化を容易に

OnePartは、選択したコンテキストに応じて部品を簡素化、整理、最適化し、ビジネスを支援

品質管理エンジニアとメソッド・エンジニアは、会社資産のレガシー全体から部品を分類することが可能になります。形状の類似性やセマンティック基準に基づき、各部品は近似性で関連付けられクラスターを形成します。最終的にはファミリーおよびサブファミリーに分類されます。ファミリーの全部品を一度分類すると、特定の部品にマスター、代替、廃止のいずれかのタグを付けることができます。この部品ファミリーおよびサブファミリーのカテゴリー化は、関連タグとともにOnePartに一括して取り込まれ、設計者とエンジニアが部品を選択する際の手掛かりになるとともに、PDMおよびERPシステムに容易にインポートすることができます。

逸脱の回避にも役立つほか、カタログで最適化済みの同ー部品リファレンスが組織内で増殖するのを防ぐことができます。 これまで毎晩チェックを実行してきたように、OnePartカタログガードを実行できます。カタログ最適化に使用された同一定義基準をベースとするOnePartカタログガードを実行して、分類の提案や再利用可能な既存類似部品の特定とともに、新部品作成時にアラートを受け取ることができます。

再利用を促進

既存部品、2D/3D設計、関連ドキュメントを見つけて再利用

EXALEAD OnePartは、設計者とエンジニアに直感的なアプリケーションを提供します。既存部品を再利用することで、再作成する手間や無駄な時間、あるいは単に適切な部品が見つからないという問題を解消します。ユーザーは数回のクリックでレガシー部品や関連する2D/3D設計を調べ、それまで隠れていた膨大な量のデータに対するインサイトを迅速に把握できます。さらに対照比較機能を使用して検索を絞り込み、適切な再利用部品を特定できます。類似部品が見つかったときには、ユーザーはさまざまな形式(.xls、.pdfなど)の重要な関連ドキュメント(仕様、テスト、検証、認定資料)を分析し、最適な再利用と完全な状況把握に役立てることもできます。

EXALEAD OnePartに組み込まれた検索システムは、その独自の機能で類似性、メタデータ、セマンティックにリンクした文書や関連情報を形状検索機能と組み合わせることができます。そのすべては単一のページ上でできます。

» OnePart Reuseソリューションの概要はこちらをご覧ください

ソーシングを容易に

3D Part Supplyは1億もの調達可能な部品を収集し、公開された部品カタログの検索と再利用を可能にするオンラインサービス。

設計でも、調達やソーシングでも、オンラインで標準部品カタログにアクセスする必要があることに変わりありません。CAD設計アプリケーションやウェブブラウザから1億もの調達可能な部品を確認できるPart Supplyでは、使いやすいOnePartの直感的なユーザー インターフェースでこの機能を提供します。

  • 社内、サプライヤー部品にアクセスできる統合UI
  • 単一の検索、絞り込み、比較など
  • CATIA V5やSOLIDWORKSなど、さまざまな形式のモデルをダウンロード

さらにOnePart Reuseを現場で使用できれば、国境を越え、内製部品の検索と同じくらい容易に比較できます。