販売担当に連絡

仮想製品開発

機械、電気、システム、ソフトウェアの設計を 1 つの包括的な製品定義に結び付けることで、革新的なイノベーションを実現できます。

ENOVIA Virtual Product Development ポートフォリオを活用して、企業はコスト効率の高い方法で製品を設計し、製造できます。複数の分野にわたる包括的な製品定義により、バリュー・ネットワーク全体でリアルタイムの効率的なコラボレーションを実現することで、あらゆる規模、あらゆる業界の企業がイノベーション・プロセスに移行し、設計サイクルタイムを短縮できます。構成済みの仮想製品定義を使用することで、複数のチームで常に変化する顧客の好みに対応する製品バリアントをより柔軟に探求し、提供できます。バリュー・ネットワーク全体をイノベーション・プロセスに接続することで、新たなコラボレーションの機会が生まれ、開発プロセスの初期段階で課題を克服できます。3DEXPERIENCE プラットフォームの標準化機能とモジュール機能により、市場投入までの時間をさらに最適化し、過去に認定した構成要素を再利用することで品質を確保し、コンプライアンスを徹底できます。サードパーティの設計データをプラットフォームに接続し、モデルベースのコラボレーション型エンジニアリングを実現することで、従来のアプリケーションへのこれまでの投資をそのまま活かすことができます。

主なメリット

  • 複数分野にまたがるコラボレーションを通じてイノベーションを促進できます。
  • パーソナライズを求める消費者の好みに対応するために、製品の設計、製造のコスト効率を向上させることができます。
  • 標準化とモジュール化を適用することで、コストを削減し、市場投入までの時間を短縮できます。
  • 過去に認定した構成要素を再利用することで品質を確保し、コンプライアンスを徹底できます。
  • 従来の製品開発アプリケーションへの投資を最大限活用できます。

ロール