ラボ・インフォマティクス

ラボの生産性とコンプライアンスを最適化

科学研究を基盤とする組織では、品質の最大化や規制対応を図りつつ、イノベーションを促進し、効率を高めることでオペレーションを最適化する必要があります。こうした課題はラボ環境にも当てはまり、研究プロセスから非効率性とコンプライアンス・リスクを排除し、イノベーションを生み出すコラボレーション環境を用意することが求められています。

このような課題の解決策となるのが、分断された紙ベースのプロセスをなくすことです。紙ベースのプロセスでは、エラーが発生しやすく、研究、開発および製造のライフサイクルを通して関連データにアクセスしにくいからです。イノベーションを促進し、プロセスや製品を最適化するためには、ライフサイクルのできるだけ早期に意思決定を行うことが不可欠です。デジタル・ラボ・インフォマティクスの機能により、研究ワークフローの合理化や効率化のほか、統一化・標準化も可能になり、完全に統合され自動化された導入しやすいプロセスが実現します。

導入効果

  • ミスが 30% 減少
  • 文書化の時間が 50% 短縮
  • ラボの生産性が 40% 向上