デジタル形式の指示書を作業環境で直接表示する

DELMIA Augmented Experience for Quality Inspection は、作業環境で状況に応じたデジタル指示を表示してオペレータの検査プロセスをガイドし、不適合要素の特定、適格性の確認、報告を効率的に処理します。拡張現実を使用することで、品質管理プロセスや検査プロセスの精度と速度が大幅に向上します。技術者はリアルタイムの情報にアクセスできるため、ミスを減らし、十分な情報に基づいて意思決定を行い、問題を迅速に解決できます。

工場の品質管理手順では、手動と自動のどちらであっても、最高の信頼性と精度が求められます。製造生産やメンテナンスにおける現在の検査方法や品質管理方法は、面倒で時間がかかり、トレーサビリティーが欠けています。そのため、検査プロセスで不適合が検出または特定されなかった場合、エラーや追加コストのリスクが生じる可能性があります。 

DELMIA Augmented Experience  は、拡張現実を活用した迅速で信頼性の高い検査と管理を実現し、これらのプロセスに革命をもたらします。品質プロセスを強化することで、欠陥箇所や解釈に関するエラーのリスクを最大 90% 低減し、検査時間を最大 40% 短縮できます。

DELMIA Augmented Experiences Quality Inspection > ダッソー・システムズ

信頼性。信頼性を確保するには、製造プロセスの各段階で不適合を正確に特定する能力が不可欠です。品質基準を満たし、欠陥製品が最終顧客に提供されないようにする必要があります。DELMIA Augmented Experience  for Quality Inspection では、チェックポイントや受入基準が画面または機器に直接表示され、不適合を迅速に特定できるようオペレータをガイドします。また、検査レポートが自動的に生成されます。その結果、検査時間とレポート作成時間を短縮し、廃棄パーツや再作業コストを削減し、操作のトレーサビリティーを上げることができます。 

サプライヤーから届いた欠陥のあるパーツやサブアセンブリーを特定することは、厳格な品質基準を確立して維持し、欠陥のあるパーツや工具がアセンブリー・ラインに回らないようにするために不可欠です。ただし、受入時の品質管理プロセスは非常に複雑で、時間がかかり、精度が低い可能性があります。また、生産中の欠陥検出の遅れにより、予想外のコストが発生する可能性もあります。DELMIA の AR ベースのデジタル指示は、タブレットやカメラを利用して、納品された機器や工具のコンプライアンスを確認する詳細手順をオペレータに提示します。このためには、「製造時」と「設計時」を比較します。ユーザーは納品されたパーツの品質チェックを効率的に実施して品質管理とコスト管理を改善し、コストのかかる故障や廃棄をなくすことができます。

非破壊検査(NDT)は、製品を壊すことなく品質と安全性を確認する方法です。わずかな誤差がパフォーマンス・コストに大きな影響を与える可能性があるため、非常に重要なステップです。ただし、UV 検査後に見つかった欠陥をすぐに視覚化する能力と、修理チームに欠陥の場所を示す情報は、まだ不十分です。DELMIA Augmented Experience では、検査済みのパーツ上に 3D モデルを表示し、欠陥を「注目ポイント」として特定することで、設計済みパーツとビルド済みパーツを比較します。 欠陥は、検査済みパーツの 3D モデルに直接マッピングおよび配置され、別の作業環境を使用する修理チームに効率的に表示できます。 

品質検査に関する FAQ

さあ、始めましょう

製造とオペレーションの世界は常に変化しています。DELMIA で一歩先を行く方法を発見しましょう。

その他の情報

アセンブリー向け DELMIA Augmented Experiences > ダッソー・システムズ
アセンブリー
拡張現実によるアセンブリー・サポートを使用して製造プロセスを改善する
DELMIA Augmented Experiences Maintenance > ダッソー・システムズ
メンテナンス
拡張現実で産業メンテナンスを強化する

DELMIA のソリューションの詳細

組織の規模の大小を問わず、シームレスなコラボレーションと持続可能なイノベーションに、当社のソリューションがどう役立つかについて、DELMIA の担当技術者がご説明します。

はじめに

学生、教育機関、専門家、企業向けのコースとクラスをご用意しています。お客様に最適な DELMIA トレーニングを受講してください。 

サポートの利用

ソフトウェアやハードウェアの資格認定、ソフトウェアのダウンロード、ユーザー・マニュアル、サポート連絡先、サービス・オファリングに関する情報はこちら