Business Integrator

ウェブサービスを活用

Service Oriented Architectureを活用

DELMIA Apriso Business Integratorでは、DELMIA Aprisoアプリケーションとサードパーティの外部ビジネス・システムをシームレスに統合するための組み込みリンクを提供することで、製造オペレーションの同期を可能にします。AprisoのService Oriented Architectureを活用することで、工場現場で容易に、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)、製品ライフサイクル管理(PLM)、品質管理システム(QMS)、またはSAPやOracleなどによるその他のエンタープライズ・システム間の連携が実現します。

DELMIA Apriso Business Integratorにより、こうしたアプリケーション間のシームレスな連携が可能になり、データを保持し、誰がオーナーかわからなくなる曖昧さを排除するのにかかる工数の重複を回避できます

エンタープライズ・システムと製造オペレーションをつなぐ

DELMIA Aprisoでは、プランニング・システムから提供された情報を個別の作業手順に「分解」します。その後、それらの手順を適切なワークステーションやその他の部門に必要に応じて配信します。作業員は各ステップの完了を確認し、プランニング・システムに情報を戻し、ループを閉じます。このフィードバックはユーザーの要件に応じてほぼリアルタイムで返すことも、またはバッチで決められたタイミングで返すことできます。

DELMIA Apriso Business Integratorでは、エンタープライズ・システムと生産システムを緊密に連携させることで、リアルタイムのオペレーションとプロセス・ライフサイクル管理の両方を強化し、グローバル企業全体にわたり製造オペレーションを同期して卓越した製造を維持します。

Business Integratorの主なメリット:

  • 製造オペレーションの同期を実現
  • 現場とエンタープライズ・システムを統合
  • アプリケーション間でのシームレスな連携