他のソフトウェアとの接続

Dymolaは他のソフトウェアに簡単に接続できます。

ファンクショナル・モックアップ・インターフェース

 

FMIを使用すると、どのモデリング・ツールでも動的システム・モデルを表すCコードまたはバイナリを生成し、他のモデリング環境やシミュレーション環境にシームレスに統合することができます。Dymolaでは、あらゆる形式でのファンクショナル・モックアップ・ユニットのインポートとエクスポートをサポートし、FMI仕様に完全に準拠しています。

FMUをDymolaにインポートすることで、Modelicaモデルの他のツールによって作成されたコントローラーやサブシステムを容易に統合することができます。また、高度な機能を追加して代数ループやモデルの因果関係を処理できます。

Simulink向けのFMIツール

 

ダッソー・システムズでは、Simulinkを使用したFMUエクスポートおよびインポートを完全にサポートするツールを提供します。この無償ツールキットはライセンス・キーなしで使用可能で、Dymolaのお客様はサポートとメンテナンスを受けることができます。

  • FMIによるエクスポートおよびインポートを完全にサポート。
  • FMIバージョン1.0および2.0、Model ExchangeおよびCo-Simulation。
  • MATLAB/Simulink R2010a – R2016b(32および64ビット)。
  • SimulinkからFMUをエクスポートするためのSimulink Coder Target。
  • FMUをSimulinkモデルにインポートして組み込むためのSimulink FMUブロック。

ネイティブでのSimulinkサポート

 

FMIとともに、DymolaはSimulink環境に直接統合するためのS-functionブロックのエクスポートもサポートしています。このツール・チェーンは、dSPACEなどのHILSプラットフォームと完全に準拠しています。

Hardware in the Loop(HIL)

 

Dymolaは、dSPACEやConcurrentなどのHILSプラットフォーム用の効率的なコードを生成できます。さらに、ソース・コード生成により、Cコード・モデルをコンパイルできるあらゆる環境に適したツール・チェーンをセットアップできます。

Python、Java、JavaScript

Dymolaは、PythonやJavaなどの一般的なスクリプト環境と容易にインターフェースを確立できるため、一般的なタスクを柔軟に記述できます。パラメータを設定し、シミュレーション結果をユーティリティー・ライブラリで読み取ることができます。データはExcel用のCSVやHDF5などのさまざまな形式でエクスポートできます。

DymolaとSIMULIAソフトウェアの接続

 

DymolaとAbaqus、Isight、Process Composerの各SIMULIAツールを接続することができます。この機能は、例えば協調シミュレーションなどで使用できます。図は波に乗るヨットのモデルのアニメーションを示しています。制御面はDymolaでモデリングされています。『Modelica Conference 2009』にある論文ではDymolaとAbaqusによる、ハイファイ・アンチロック・ブレーキ・システムの協調シミュレーションの例が掲載されています。
Interfacing Abaqus with Dymola:

A High Fidelity Anti-Lock Brake System Simulation