インダストリー・ソリューション - Modelicaライブラリ

これらのライブラリは各分野の専門家が開発し、Dymolaまたは3DEXPERIENCE Dymolaビヘイビア・モデリングと併せて使用すると複数のエンジニアリング領域にわたる複雑なシステムの挙動のモデリングとシミュレーションを迅速かつ簡単に行うことができます。

複数のエンジニアリング領域を統合

Modelicaツールでは分野の壁にとらわれることなく、効率的なシミュレーション・コードを生成するために方程式を処理します。分野の知識がModelicaライブラリに蓄積されており、機械、電気、熱流体分野のさまざまな用途に対応できるように設計されています。

これらのライブラリはDymolaと3DEXPERIENCE Dymolaビヘイビア・モデリングの両方で使用でき、単独で使用することも、他のModelicaライブラリと組み合わせて使用することもできます。これにより、複数のエンジニアリング領域にわたる複雑なシステムのモデリングやシミュレーションが可能となります。

自動車

自動車での適用は大きく3つのカテゴリーに分類されます。エンジンと駆動系は、ビークル・システム・モデリング・アンド・アナリシス(VeSyMA)、VeSyMAエンジンおよびVeSyMAパワートレインの各ライブラリを使用してモデリングします。オープン言語のModelicaは柔軟性が高く、media 51778 _blank - "TEXT, 3DS 2015 CATIA BTY Battery Flyer A4 WEB, 3DS_2015_CATIA_BTY_Battery__Flyer_A4_WEB.pdf, 1.4 MB">バッテリー、ブラッシュレスDCドライブ、およびエレクトリファイド・パワートレイン・ライブラリを使用したハイブリッドや代替駆動系のモデリングに特に適しています。モーダル・ボディやフレキシブルシャフトは、フレキシブル・ボディーライブラリを介して使用できます。

ユーザーが定義した路面での詳細な車両挙動やハンドリングは、VeSyMAサスペンション・ライブラリでモデリングします。このライブラリでは、ドライバー・イン・ザ・ループ用のリアルタイム・シミュレーションも可能です。

エンジンとバッテリーの冷却はクーリング・ライブラリで対応します。このライブラリは、サーマル・システムおよびHVACライブラリと組み合わせることができます。ヒューマン・コンフォート・ライブラリおよびフルイド・ダイナミクス・ライブラリは、車両の完全な熱環境をモデリングして乗客乗員の快適性を確保するための追加モデルを提供します。アクチュエーターと制御装置のコンポーネントは、フルイド・パワー・ライブラリとModelica標準ライブラリで使用できます。

階層構造をもつ、オープン・ソースのModelicaモデルは非常に柔軟性が高く、一般的なコンポーネントを再利用しながら複数の車両構成に対応します。

航空宇宙・防衛

多数のライブラリにより、燃料システムから環境制御にいたるまで、航空機の複雑な熱流体システムのモデリングが可能になります。サーマル・システム・ライブラリでは、幅広い熱流体システムをモデリングできます。ヒューマン・コンフォート・ライブラリでは、機内の温度環境をモデリングして乗客乗員の快適性を確保するための追加モデルを提供します。

フライト・ダイナミクス・ライブラリでは、さまざまな航空機やUAVの飛行力学を迅速にモデリング、シミュレート、解析できます。飛行制御用のアクチュエーターや他のサブシステムは、フルイド・パワー、>ブラッシュレスDCドライブおよびエレクトリファイド・パワートレイン・ライブラリを使用します。有限要素モデルからの弾性梁やモーダル・ボディは、フレキシブル・ボディー・ライブラリで管理します。

エレクトリック・パワー・システム・ライブラリは、高周波ACシステムの生成、交換、制御を含む、航空機の電気系統のモデリングをサポートします。

エネルギー・プロセス

環境への影響に関する要件がますます厳しくなるなか、物理特性や制御システムをさらに詳細にモデリングすることが求められています。ClaRa Plusライブラリでは、高度な複合サイクル発電所などのシミュレーションを容易に実行できます。

ヒート、ベンチレーション・アンド・コンディショニング(HVAC)ライブラリでは、適切なシステム制御戦略を選択して建物のHVAC運用コストを最小化し、建物の設計プロセスの初期段階で、コストのかかるHVACシステムの設計エラーを回避できます。ヒューマン・コンフォートライブラリでは、建物や車両内の温度快適性をシミュレーションする統合型アプローチを提供します。

産業機械

あらゆる種類の産業機械を、3Dマルチボディ・システムといったModelica標準ライブラリのメカニカル・ライブラリを使用してモデリングできます。他のオプションとして、有限要素モデルから派生した弾性梁やモーダル・ボディがあります。アクチュエーターや制御系は流体動力、ブラッシュレスDCドライブおよびエレクトリファイド・パワートレイン・ライブラリでモデリングできます。産業機械の熱特性はサーマル・システムおよびクーリング・ライブラリで簡単にモデリングできます。

Modelicaライブラリのパンフレット

  • サーマル・システム・ライブラリ

  • ウィンド・パワー・ライブラリ

  • VeSyMAライブラリ

  • VeSyMAエンジン・ライブラリ

  • VeSyMAパワートレイン・ライブラリ

  • VeSyMAサスペンション・ライブラリ