ファンクショナル・モックアップ・インターフェース

FMIを使用すると、どのモデリング・ツールでも動的システム・モデルを表すCコードまたはバイナリを生成し、他のモデリング環境やシミュレーション環境にシームレスに統合することができます。

DymolaでのFMIサポート

 

FMI 2.0のサポート

 

Dymola 2015 FD01より、WindowsとLinuxの両方でFMI 2.0(2014年6月25日にリリース)がサポートされています。オプションのFMI機能のサポートの詳細については、Dymolaリリース・ノートおよびユーザー・マニュアルを参照してください。

Simulink向けのFMIツール - FMI Kit

 

ダッソー・システムズは、Simulinkを使用したFMUエクスポートおよびインポートを完全にサポートするツールを提供します。FMI Kit for Simulinkの最新バージョンに関する詳細は以下の通りです。
この無償ツールキットはライセンス・キーなしで使用可能です。Dymolaのお客様は、www.3ds.com/supportの標準サポート・チャネルでサポートとメンテナンスを受けることができます。
Dymolaの公式リリースにはアップデートが行われる場合があります。ダウンロードするには、Dymolaサポート・チャネルまたは営業担当者にお問い合わせください。

FMI Kit for Simulink - バージョン2.4.0

 

FMI Kit for Simulinkバージョン2.4.0が2017年6月2日にリリースされました。
バージョン2.4.0は、Dymola 2018リリースにも含まれています。

一般的な機能と互換性に関する情報:

  • FMIによるエクスポートおよびインポートを完全にサポート
  • FMIバージョン1.0および2.0 - Model ExchangeおよびCo-Simulation
  • MATLAB/Simulink R2010a – R2016b(32および64ビット)


エクスポート・ツールの機能の一例:

  • SimulinkからFMUをエクスポートするためのSimulink Coder Target
  • WindowsとLinuxをサポート<b/>
  • 連続入力の補間をサポート(Co-simulation機能、canInterpolateInputs=true)<b/>
  • グローバル・ターナブル・パラメータのサポート
  • R2015b以降のワークスペースまたはマスク変数のパラメータ・リファレンスの完全サポート
  • Co-Simulationエクスポートでの変動通信ステップ・サイズのサポート
  • バイナリおよびソース・コード(C/C++)MEX S-functionのサポート
  • Black-box FMUの生成
  • ブロック階層を含む構造化された変数名


インポート・ツールの機能の一例:

  • FMUをSimulinkモデルにインポートして組み込むためのSimulink FMUブロック
  • 入力信号の処理とオプションの改善<b/>
  • 構成可能なベクトル入力/出力ポート
  • Dymolaソース・コードFMU(Dymola 2016以降)のインポート
  • シミュレーション・ターゲットのサポート:Rapid Accelerator、RSIM、GRT、dSPACE DS1005およびDS1006

 

FMI 1.0のサポート

 

FMI 1.0仕様が2010年にリリースされて以来、DymolaはModel Exchangeおよび Co-SimulationのFMI 1.0仕様をサポートしています。DymolaはModel Exchange(エクスポートとインポート)と Co-Simulation(スレーブとマスター)の両方についてFMI 1.0 CrossCheckに合格しています。

FMI 2.0 RC1を使用したDymola 2015でのdSPACE Release 2014-A用のエクスポート

 

Dymola 2015でのFMI 2.0 RC1ソース・コードのエクスポートにはバグがあり、dSPACE
Release 2014-Aと統合できません。このバグを解決するための修正パックが用意されています。
ダウンロードするには、サポート・チャネルまたは営業担当者にお問い合わせください。
ナレッジ・ベースの関連記事:QA00000031053。