ファンクショナル・モックアップ・インターフェース

FMI を使用すると、どのモデリング・ツールでも動的システム・モデルを表す C コードまたはバイナリを生成でき、他のモデリング環境やシミュレーション環境へのシームレスな統合が可能です。

FMIのメリット

シミュレーション・コードの交換に非専売標準を使用

ファンクショナル・モックアップ・インターフェース(FMI)は、複数のツールとベンダーからシミュレーション・コード・モジュール(FMU)を組み合わせた業界基準です。モデリカ協会の援助を受けて開発され、その仕様はコード(バイナリまたはソース)および関連データとドキュメントに対して特定のベンダーに依存しない明確に定義された交換フォーマットを提供します。

FMIは多数のオーサリング・ツールでサポートされ、これにはModelicaベースではないツールも含まれ、ベンダーに依存しないシミュレーション・インフラストラクチャーの理想的な基盤となります。

交換フォーマットの選択

FMIの仕様は、2つの交換フォーマットを定義します。モデル交換用のFMIは、一般的な中心ソルバーと結合する必要があるシミュレーション・コード・モジュールのインターフェースを定義します。これにより、均一な数値解と、信頼性が高く一元的なシミュレーション・エラー制御が確保されます。協調シミュレーション用のFMIは、生成ツールとして使用された場合に、埋め込み数値ソルバーを用いるコード・モジュールのインターフェースを定義します。このアプローチでは、モデル化アプリケーションの専用ソルバーを埋め込むことができ、オーサリング・ツール内のシミュレーションとの互換性が高まります。

DymolaでのFMIサポート

 

FMI 1.0および2.0の包括的なサポート

 

Dymola 2015 FD01より、WindowsとLinuxの両方でFMI 2.0(2014年6月25日にリリース)がサポートされています。FMI 1.0仕様が2010年にリリースされて以来、DymolaはModel ExchangeとCo-Simulation用FMI 1.0仕様をサポートしています。DymolaはModel Exchange(エクスポートとインポート)とCo-Simulation(スレーブとマスター)の両方についてFMI 1.0 CrossCheckに合格しています。オプションのFMI機能のサポートの詳細については、Dymolaリリース・ノートおよびユーザー・マニュアルを参照してください。

Simulink向けのFMIツール - FMI Kit

 

ダッソー・システムズでは、Simulinkを使用したFMUエクスポートおよびインポートを完全にサポートするツールを提供します。この無償ツールキットはライセンス・キーなしで使用可能です。

FMI Kit for Simulinkバージョン2.6が2019年6月にリリースされました。Dymolaの公式リリースにはアップデートが行われる場合があります。FMI Kit for SimulinkはGitGubのプロジェクト・ページからダウンロードできます。

一般的な機能と互換性に関する情報:

  • エクスポートおよびインポートをFMIで完全サポート。
  • FMIバージョン1.0および2.0 - Model ExchangeおよびCo-Simulation。
  • MATLAB/Simulink R2012b~R2018b(32ビットおよび64ビット)。
  • FMUをSimulinkモデルにインポートして組み込むためのSimulink FMUブロック。
  • SimulinkからFMUをエクスポートするためのSimulink Coder Target。
  • 特別なシミュレーション・ターゲットのサポート:Rapid Accelerator、RSIM、GRT、dSPACE DS1005およびDS1006。