サイエンティフィック・インフォマティクス

サイエンティフィックなデータを知識に変換

創造的な発見は、多種多様なチームのコラボレーションから生まれますが、チームで利用するコンテンツもそれと同じくらい多様になる場合があり、ケモインフォマティクス、バイオインフォマティクス、プロテオミクス、ゲノミクスなど多岐にわたることがあります。企業に求められているのは、こうしたコンテンツを効率的に解析・共有して効果を最大化するのに必要なツールを研究者が利用できるようにすることです。

サイエンティフィックなコンテンツを管理する共通のフレームワークを活用すれば、研究開発ネットワーク内外のコラボレーション環境の促進につなげることが可能です。研究者が結果を迅速に共有し、話し合いつつ、データを簡単に集約、処理、解析できるようになります。また、サイエンティフィックな専門ツールを利用すれば、研究者が確実にデータの詳細な調査ができるようになります。そのような環境ではイノベーションが促進され、研究者がデータ主導で意思決定できるので仕事の道筋をつけやすくなります。

導入効果

  • データ交換の時間とリソースが 85% 減少
  • ソリューションをビジネスに提供する時間とコストが 25% 減少
  • 研究者の生産性が 20% 向上