Generative Therapeutics Design

リード最適化を短縮

有望なリード候補を 1 つ見つけるには、平均で 5 年の期間と、3,000~6,000 個の分子の合成が必要となります。そして、これらの数字は長年大きく変わってはいません。これは改善すべき点であり、AI の活用がそのカギになるはずです。

リード最適化の課題

BIOVIA Generative Therapeutics Design (GTD) は、実際に化合物を合成する前にリード化合物設計を最適化できる AI システムです。このシステムは、多額の費用を要する実際の試験を最適化することを視野に入れて設計されており 、バーチャルな化合物の発生、スコアリング、多目的最適化を自動化することができます。

Generative Therapeutics Design によるイノベーション・サイクル

GTD によるイノベーション・サイクルは、仮想と現実 (V+R) のリード最適化を組み合わせたもので、「アクティブ・ラーニング」の手法を活用して新しい化合物のバーチャル設計を行います。AI/機械学習を通じて同定されたバーチャルなリード化合物候補は、合成とスクリーニングに進み、その結果が予測モデルの改善に使用されます。最適化は活性だけでなくアンチターゲット・安全性・毒性など目標のプロファイルを満たすまで繰り返し実行されます。創薬の時間短縮と臨床での成功率向上を同時に達成できれば、創薬領域で真のビジネス変革を起こし、1つのプログラムにつき数億円の研究費の節約につなげることができます。

生産性に与えるメリット

  • リード最適化の効率性アップ
  • 組織間や、CRO との間のコミュニケーションを強化

戦略的なメリット

  • 化合物のダイバーシティを増加
  • 臨床初期段階での成功率の向上

経済的なメリット

  • プロジェクトあたりの合成を行う化合物数を 30~50% 削減
  • プロジェクトあたりのアッセイの実行回数を 15~40% 削減
  • TCO (総所有コスト)を抑えるアジャイルなクラウドベース・ソリューション

リスクの軽減

  • 他社の知財を回避
  • デザインと機械学習の分野で、定評ある製品のベスト・プラクティスと経験を活用
  • アジャイルで ISO 認定済クラウドベースのソリューション