データ・サイエンス

知識に基づいた意思決定を推進

今日のビジネスは、データであふれています。価値の知見が部署毎のデータ・サイロの中に埋もれ、それが組織全体の効率の悪さにつながっています。データ・サイエンティストがいれば氾濫するデータの管理に役立つかもしれませんが、その人材は不足しています。その結果、わずかなスタッフが ad hoc 大量の解析や面倒な手動プロジェクトを扱うことになり、組織にはわずかな価値しかもたらされません。

企業には、データ・サイエンス・ワークフローの作成、検証、利用を行うことのできる、拡張性の高いフレームワークが必要です。データ・アクセスやデータの集約から、高度な解析、機械学習、レポーティングに至るプロセスを自動化することで、初心者ユーザーでもデータを最大限に活用でき、また熟練ユーザーは付加価値の高いタスクに集中できるようになります。また、共通のフレームワークを活用することで、ベスト・プラクティスが企業全体で収集、共有されます。データ・サイエンスを誰もが利用できるようになることで、チームは少ない労力で多くの成果を達成し、ビジネスが今日生き残るために必要なイノベーションへの扉が開きます。

導入効果

  • 機械学習のモデル作成の時間とコストが 33% 低下
  • データ集約にかかる時間が 50% 短縮
  • 開発時間が 38% 短縮