お問い合わせはこちら

サイエンティフィック・インフォマティクス

サイエンティフィック・データをナレッジに変換

創造的な発見は、多種多様なチームのコラボレーションから生まれますが、チームが利用するコンテンツもチーム同様、多様になる可能性があり、ケモインフォマティクス、バイオインフォマティクス、プロテオミクス、ゲノミクスなど多岐にわたることがあります。企業に求められるのは、これらのコンテンツを効率的に解析・共有して効果を最大化するために必要なツールを、研究者が利用できるようにすることです。

サイエンティフィックなコンテンツを管理する共通のフレームワークを活用すれば、R&D ネットワーク内外のコラボレーション環境の促進につなげることが可能です。研究者が結果を迅速に共有し、話し合いながら、データを簡単に集約、処理、解析できるようになります。また、サイエンティフィックな専門ツールを活用すれば、研究者が確実にデータの詳細な調査を行えるようになります。そのような環境ではイノベーションが促進され、研究者がデータ主導で意思決定できるため、研究の道筋をつけやすくなります。

主なメリット

  • 開発パイプライン全体で個々のプロジェクトや製品候補を登録、追跡、管理
  • 化学、生物分野向けの最新鋭かつ分野に特化したツールの活用で、データ解析の効率性を向上
  • チーム内外でコラボレーションするための共通ワークスペースの作成と管理
  • 紙ベースのワークフローをなくし、効率性を向上
  • データや実験結果の集約、結合、解析、報告のプロセスを自動化

ロール