お問い合わせはこちら

データ・サイエンス

ナレッジ主導の意思決定でイノベーションを推進

今日のビジネスは、データであふれています。価値のあるインサイトがさまざまなデータ・サイロ間に埋もれ、それが組織全体の効率の悪さにつながっています。データ・サイエンティストがいれば氾濫するデータの管理に役立つかもしれませんが、その適任者はというと、不足しています。その結果、わずかなスタッフが その場限りで、 大量の解析や面倒な手動プロジェクトを扱うことになり、組織にはわずかな価値しかもたらされなくなってしまいます。

ですから組織には、データ・サイエンス・ワークフローの作成、検証、消費を行う拡張性の高いフレームワークが必要です。データ・アクセスやデータの集約から、高度な解析、モデリングや報告に至るプロセスを自動化することで、初心者ユーザーがそうしたデータを最大限に活用し、熟練ユーザーが付加価値の高いタスクに集中できるようになります。共通のフレームワークを活用すれば、ベスト・プラクティスが企業全体で認識され、確実に共有されます。データ・サイエンスが広く行き渡ることで、チームが少ない労力で多くを実現できるようになり、ビジネスが今日生き残るために必要なイノベーションへの扉が開きます。

主なメリット

  • 解析用データの組み合わせと準備の自動化
  • 高度な解析と機械学習モデルをエンドツーエンドのワークフローに容易に実装
  • グラフィック・ベース、コード不要の環境でパワフルなアプリケーションを開発
  • 簡単な共有と再利用のためのワークフローを導入
  • データを迅速に消費できるインタラクティブなダッシュボードの作成

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • Scientific Protocol User

    オンプレミス
    3DEXPERIENCEユーザーは、BIOVIA Pipeline Pilot(化学、機械学習、イメージ解析、ゲノミクス/プロテオミクス、ETL、数値解析、ダッシュボードなど)のデータ・サイエンス機能を活用することで、科学的データからより深いインサイトを得ることができます。また、データ・サイエンスの専門家は、幅広い業界やビジネス・プロセスをサポートし、意思決定、リスク管理、ビジネスの成長を実現するベスト・プラクティスのワークフローを実行できます。
    ロールを確認する