進行する IoT の台頭

モノのインターネット (IoT) は、世界中につながりを広げ続けています。しかし、製造業がこのチャンスを掴みたい場合は、対応できる構造を作り始める必要があります。

急進的なコネクティビティに向け準備はどの程度できていますでしょうか?

いま起きていること

1940 年に公開されたディズニーのミュージカル『ファンタジア』で最も有名なシーンは、ミッキーマウスが、ポール・デュカス作曲の「魔法使いの弟子」に合わせて、感情のあるバケツとモップのコーラスを指揮するところでしょう。ミッキーにとってはすぐにうまくいかなくなるのですが、感情を持つ機械が私たちのために仕事を実行してくれるという空想は魅惑的です。 

現在では、モノのインターネット(IoT)の普及に伴い、かつて空想だったものに製造業が日々取り組んでいます。

10 年以上前から流行しているような気がしますが、IoT ソリューションは今まさに増加中です。WEF (世界経済フォーラム)のデータによると、IoT への支出は 2023 年までに 1.1 兆ドルに達し、その大部分を製造業の支出が占めるだろうとのことです。 実際、2024 年までには、IoT 接続の 70% が産業分野になると予測されています。未来の工場はもう目の前です。 

今後 10 年間で、IoT の状況はさらに成熟していくことが予想されます。「5G の台頭、新しい通信規格の登場、技術の価格低下、未接続のシステムを接続して世界中の業務システムを最適化したいという願望は、グローバルな IoT 市場共有ネットワークを劇的に拡大することにつながります」とダッソー・システムズのハイテク業界担当バイス・プレジデント、Stephane Sireau は述べています。

持続可能性の圧力も、導入の促進を後押しします。「気候変動と、エネルギー消費全体を最適化したいという願望が、この流れをある意味、後押ししています。手始めは、グリッド・エネルギーとホーム・オートメーション・システムの改善でした」と Sireau は述べています。

他の製造業がどう対処しているか知りたいですか?

当社のオーダーメイドのソリューションで現在の課題に対処しましょう

詳細

それが重要である理由

IoT がもはや「もしも」のシナリオでないことは明らかです。それは実際に存在し、普及を続けています。そのこと自体は歓迎すべきことです。効果的に使用すれば、IoT は企業が業務把握と維持する方法を変革できます。しかし、IoT とは何で、どのような仕組みなのでしょうか?

産業用モノのインターネットは、工場内と工場間で柔軟性を高め、自動化を推進し、リアルタイムの制御と接続を向上させます」と Sireau は述べます。「その結果、スループットと稼働時間が向上すると同時に、生産性と品質の目標を達成できます。つまり、スマートな製品開発からスマートな製造、スマートなリサイクルまで、あらゆることが可能になります」

具体的な用途には、次のようなものがあります。

1.インタラクティブな作業現場とリアルタイムの監視: 管理者は、工場や物流資産のネットワークを可視化し、バリュー・チェーン全体のパフォーマンスを最適化できる。 

2.バーチャル・コミッショニング:工場管理者は、新しい工場用資産の設置と動作をモデル化できる。

3.仮想現実と拡張現実のトレーニング: 安全でバーチャルでありながら現実的な環境で、機械の正しい使い方をスタッフにトレーニングできる。

4.人とロボットのコラボレーション: 安全で生産性の高いハイスループット・ロボットのソリューションを迅速に導入できる。

5.予防保全と不具合管理: データの収集を改善することで、機械の故障を事前に認識し、費用対効果の高い方法で対処できる。

ダッソー・システムズのインダストリー・マーケット・インテリジェンス担当マネージャー Sophie Proust も、この技術に持続可能性の利点があることを強調します。「製品の製造方法や使用方法が追跡可能になり、リサイクル業者は製品の適切な再利用方法や再生方法について、より多くの情報を得ることができます」


 

IoT はメーカーのモノ作りを変えるだけでなく、作るモノも変えていくでしょう。たとえば、自動車はますますコネクテッドなデバイスとなっています。調査によると、2030 年までに 25 億台の自動車が IoT 接続となり、スマート化が進む業界の全 IoT 支出の 23% を占めるようになります。こうした状況下では、コネクテッド製品の台頭に伴い、製造手段の変更も必要となります。

どのように備えるか

しかし、製造業界全体で IoT を統合することは容易ではありません。IoT への現在のアプローチでは、静的でサイロ化されたものになりかねません。本格的な産業用 IoT アプローチを効果的に導入するためには、機器ごとのアプローチから包括的な戦略へと移行し、モバイル・プライベート・ネットワーク(MPN)などの要素を組み込み、新たな業界標準を採用します。業務の過剰なダウンタイムを回避しながら、これらすべてを実行しなければなりません。 

他のデジタル・テクノロジーと同様に、コネクテッド・デバイスが増えるほど、サイバー脆弱性の可能性は拡大します。これは、なかなか厄介なトラブルの可能性をはらんでいます。たとえば、2017 年に発生したインシデントでは、サイバー犯罪者が、セキュリティーで保護されていない IoT 水槽を経由してカジノでの窃盗事件を起こしました。

あらゆる革新的なテクノロジーと同様、全社規模で IoT を導入する場合、適切なソリューションを慎重に選択し、それらの要素を製造エコシステムに注意深く統合し、セキュリティーのギャップを確実に埋めるように注意する必要があります。 

「照明から設備まで、なんでもないようなものが、近い将来のある時点で接続されるようになり、多くのデータを生成するでしょう」と、Poust は言います。「データの管理方法と転送方法を管理するためのシステムとフレームワークを今すぐ導入することが重要です。このことが、セキュリティー、データ・ホスティング、システム・アーキテクチャなど、新しい現実を受け入れ、適応するのに役立ちます」
 

5G の台頭、新しい通信規格の登場、テクノロジーの価格低下、未接続のシステムを接続して世界中の業務システムを最適化したいという願望は、IoT 市場の劇的拡大につながります。

製造 > ハイテク業界 > Dassault Systèmes®
Stephane Sireau
ダッソー・システムズ、ハイテク業界担当バイス・プレジデント

その他のトレンド

製造業に向けた当社の取り組み

Aerospace & Defense > Dassault Systèmes
航空宇宙・防衛
仮想世界と現実世界の間のギャップをなくし、コンセプトからオペレーションまでを加速。
Consumer Packaged Goods & Retail > Dassault Systèmes
消費財
今消費者に求められているものを最初に創り出して最初に市場に投入。
Home & Lifestyle > Dassault Systèmes
ホーム・ライフスタイル
個人指向のイノベーションにより、すべての消費者体験を個別化
High-Tech > Dassault Systèmes
ハイテク
イノベーションをシンプル化および加速させ、より価値ある消費者体験を創出。
Accelerating Innovation > Dassault Systèmes
Accelerating Innovation
How to remain agile and responsive in a dynamic marketplace
Industrial Equipment > Dassault Systèmes
産業機械
製造のデジタル化で受注生産のイノベーションを実現。
IIoT and Digital Twin for Designers > 5G-IIoT Ecosystem > Dassault Systèmes®
Design Innovative Experiences With IIoT and Digital Twin
A connected industry changes the way designers innovate. They can harness real-time big data to build synergistic systems and craft exciting product experiences.
Business Services > Dassault Systèmes
船舶・海洋
船舶・海洋業界の持続可能なトランスフォーメーションを加速。
Transportation & Mobility > Dassault Systèmes
自動車・輸送機械・モビリティ
未来のモビリティに向けた車両イノベーションを推進
default panel of content image
自動車をアップグレードする準備はできていますか?
アップグレード可能な電気自動運転車が、将来の収益源です。
ページトップへ戻る

世界は製造業を必要としています

変化のためのマニフェスト