会社案内

ダッソー・システムズは、製品、自然、生活が調和する持続可能なイノベーションを考案するためのバーチャルツインを、企業や人々に提供しています。

数字で見るダッソー・システムズ

ダッソー・システムズは最も重要なリソースである従業員を通して、お客様の社会の大きな課題への取り組みをサポートします。

23,811

世界の従業員数

350,000以上

企業顧客の数

194

世界の拠点数

142

展開国数

ダッソー・システムズのご紹介

ダッソー・システムズとは?

ダッソー・システムズは40年以上の歴史を持つ企業であり、製品、プロセス、サービス、人々の生活の向上に貢献することに力を注いできました。

皆様の生活にあるほぼ全てのものに、ダッソー・システムズの製品が関わっています。私たちは3DEXPERIENCEプラットフォームでのバーチャルツインの力を通じて、人々や企業がまったく新しい方法でイノベーションを起こすことを支えます。

ダッソー・システムズの沿革

ダッソー・システムズはスタートアップから始まり、あらゆる業界をカバーする多国籍企業に成長しました。

私たちは2020年以降、未解明の複雑な謎を解き明かすために、「From Things to Life」という戦略的方向性のもと、非有機的な世界のナレッジを有機的な世界に拡張しています。これはまだ始まったばかりです。

ダッソー・システムズの経営陣

持続可能なイノベーションのグローバルリーダーであるダッソー・システムズは、当社の長期的なビジョン(世界の重要な課題に取り組み、お客様の事業活動の変革を支援する)を原動力とする、卓越した経営陣に率いられています。

ダッソー・システムズの価値基準と社会的責任

バリュー

ダッソー・システムズのコア・バリュー

ダッソー・システムズのバリュー(価値基準)は、社会に永続的でポジティブな影響を与えたいという熱意を原動力としています。私たちは人々が、IFWEという質問型のマインドセットを育むことをサポートします。「IF」は新たな可能性を探求する熱意を、「WE」は人々を結び付けることでポジティブな変化を実現できるという私たちの信念を表しています。

企業の社会的責任(CSR)

サステナビリティ・コミットメント

持続可能性はダッソー・システムズのコア・バリューの中心にあります。私たちはバーチャル・ユニバースこそが、世界が循環型経済を実現するのに必要な製品、プロセス、ビジネスモデルを考案、設計、テストするためのキー・イネーブラーだと信じています。

企業の社会的責任(CSR)

ダイバーシティ&インクルージョン

私たちは、従業員が最大の財産であると考えており、誰もが日々存分に力を発揮して仕事に取り組む権利があることを知ってほしいと考えています。私たちはダイバーシティ&インクルージョンの5つの柱である、ジェンダー、アイデンティティ、プライド、アビリティ、ジェネレーションを尊重することで、これを実現しています。

企業の社会的責任(CSR)

企業倫理・コンプライアンス

倫理的で持続可能な成長を追求することが、ダッソー・システムズの基本的な価値基準であり、CSR(企業の社会的責任)ポリシーの柱のひとつです。私たちは、倫理とコンプライアンスのガバナンスシステムと、従業員の意識向上や研修などのさまざまな基本原則をもとに構築された企業文化や評価を高めてきました。

ダッソー・システムズのオフィス所在地

Dassault Systèmes Paris Campus
ダッソー・システムズのパリ・キャンパスは、23,800人を超える従業員をつなぎ、当社のイノベーション・パワーを推進する、コラボレーション・プラットフォームです。
Vélizy-Villacoublay
Dassault Systèmes Boston Campus
27 エーカー (11 ヘクタール) の広大なウォルサム・キャンパス(マサチューセッツ州)では、持続可能なイノベーションや、3D による臨場感あふれるエクスペリエンスに触れることができます。優れたオフィスキャンパスとして受賞歴がある他、LEED® ゴールド認証を取得して、国の資源を保護するダッソー・システムズの取り組みを実証しています。
Waltham
Dassault Systèmes Shanghai Foxconn - Asia Headquarter
Foxconnビルは、上海で初めてLEEDプラチナ認証を取得した高層オフィスビルです。革新的でインテリジェントな当ビルは、リバービューの景観と便利な交通アクセスも魅力です。オフィス内のフレキシブルなデザインとレイアウトにより、従業員が快適に働ける環境を提供しています。
Pudong Xinqu

ニュース

ダッソー・システムズの最新のニュース、情報、プレスリリース、メディアリソースをご覧ください。

その他の情報