3Dエクスペリエンス・プラットフォームにメンバーとして登録

3Dエクスペリエンス・
プラットフォームへの管理者
またはメンバーの最初のステップ

3Dエクスペリエンス・プラットフォームにメンバーとして登録

3Dエクスペリエンスに参加する

3Dエクスペリエンスの準備中、メイン・プラットフォーム管理者からいくつかの電子メールを受信します。

最初の電子メール "3DEXPERIENCE platform – Invitation"から、3Dエクスペリエンス・プラットフォームに正しく登録することができます。

  • このメールは、お客様がオンライン・エクスペリエンスへの参加に同意することを確認するためのものです。
  • また、3DPassportをまだお持ちでない場合は、3DPassportを作成するために必要な基本的な操作を実行するご案内もしています。

3DPassportを作成

3Dエクスペリエンス招待ユーザーとして、メイン・プラットフォーム管理者から最初の招待メールを受信します。

3Dエクスペリエンス・プラットフォーム・ユーザーとして、3Dエクスペリエンス・プラットフォームR2016xオン・クラウドを使用するには、3DPassportが必要です。

3DPassportを作成すると、オンライン・エクスペリエンスにアクセスするのに使用するログインIDを定義できますが、3Dエクスペリエンス・プラットフォームR2016xオン・クラウド・コミュニティを取得する3DSwYmコミュニティ・プラットフォームなど、他のダッソー・システムズ・サービスにもアクセスできます。

受信する電子メールは次の通りです。

1. 3DPassportの作成を開始するには、"Launching your 3DEXPERIENCE platform"の下にある "Create a new 3DPasspor" をクリックします。登録フォームが表示されます。

2. フォームを記入し、[送信(Submit)]をクリックします

注記:会社名のフィールドは、必須でなくても記入することを強く推奨しています。

3DPassportの作成が完了すると、次の通知を受信します。

3DPassportを登録すると、3Dエクスペリエンス・プラットフォームにログインできるようになります。

 

注記:ログイン情報は安全な場所に保管してください。3DPassport作成後は確認メールは送信されないため、次のような場合にはこの情報を再使用する必要があります。

  • 3Dエクスペリエンス・プラットフォームに接続する場合
  • クラウド・サポート・コミュニティに接続する場合

 

このメールを受信します。

この段階で、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを体験し、デフォルトで利用可能なプラットフォーム・アプリケーションを使用できるようになります。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームR2016xオン・クラウドを活用

ユーザー・インターフェースの詳細

初めて3Dエクスペリエンス・プラットフォームにアクセスした場合は、コーチ・マークが表示されます。

コーチ・マークは、3Dエクスペリエンス・ユーザー・エクスペリエンスの概要であり、主なコンセプトと機能を紹介します。コーチ・マークを再度表示するには、Helpメニューを選択し、"Get Started" をクリックしてください。

3Dエクスペリエンスのユーザー・インターフェースを開始します。トップ・バーは、メイン・コンポーネントであり、常にトップに表示されます。

トップ・バーは以下で構成されています。

  • 利用可能な3DSアプリケーションにアクセスできる3DCompass
  • アプリケーション名:デフォルトでは、初回ログイン時は、3DDashboardアプリケーションにアクセスします。
  • ウィジェット・コンテンツを検索する検索バー
  • 検索結果をフィルターする6Wタグ
  • 接続ユーザー
  • サービス・メニュー (me, add, share, home, help)