Tosca

FEAおよびCFDシミュレーションに基づいた効率最適化

新しいブレーキ・システムの開発

お客様の要望

 

開発予定の新しい前車軸ブレーキホイールのコンセプトは、顧客の現在の要望(組み込みスペースの小型化、高性能、騒音の防止、コストと重量削減)に沿って定義する必要がありました。TRWは、すでに利用している複数のCAEツールと組み合わせることができる構造最適化の仕組みを探していました。これは、この方法を一貫して適用して結果を検証するために、会社内で実施され、ブレーキおよびサスペンションモジュールの新しい開発を例として使用されました。

当社のソリューション:Tosca Structureを使用したトポロジー最適化と形状最適化

 

Tosca Structureによるトポロジー最適化と形状最適化 トポロジー最適化と形状最適化モジュールを備えたソフトウェアであるTosca Structureは、新しいブレーキコンセプトの最適設計に適していることが確認出来ました。Tosca Structureは、多くの汎用FEM解析ソフトおよび疲労計算ソフトのインターフェースがあるため非常に柔軟性があり、既存の解析プロセスに簡単かつ迅速に統合することができました。

お客様にとってのメリット

 

TRWは、Tosca Structureを使用することで、まったく新しい前車軸ブレーキホイールを2年以内に開発できました。最初の試作品はすべての要望を満たしました。この革新的な手法により設計の手戻りや評価試験の回数を減らすことが出来ました。開発期間は大幅に短縮され、コスト削減を実現しました。開発の完了から3ヵ月後にTRW Automotiveが初めて受けた注文の1つは、ドイツのOEMメーカーからの注文でした。

革新的な手法により、開発期間の短縮と物理実験のコスト削減が実現された新しい前車軸ブレーキホイールのコンセプトが、短期間で開発され大きな受注獲得につながりました。

Joachim Noack氏、 TRW Automotive GmbH、構造および熱解析FEA担当チーム・リーダー