DELMIA Ortems シンクロナイズド・リソース・プランナー

在庫と生産能力の計画

生産能力とマテリアル・フローのバランスが取れるように調整

DELMIA Ortemsシンクロナイズド・リソース・プランナーでは、マテリアル・フローおよびキャパシティ同期システムを提供し、ジャストインタイム(JIT)の需要発生に伴い、すべての部品表(BOM)レベルでの需要と製造の統合を可能にします。これによって、在庫と製造のキャパシティを最適化できます。

購入と作業指示を同期し、部品の不足を回避

シンクロナイズド・リソース・プランナーは、マルチレベルのBOMアプローチを採用することでフロー・ラインを速くしています。原材料から半完成品、完成品までの過程で、購入と作業指示の両方の同期を取るようにして、在庫と利用可能な原材料に関する制約条件をスケジュールに合わせて設定します。

暫定的なトレーサビリティーを作成

シンクロナイズド・リソース・プランナーでは、負荷を調整し、フロー・ラインを加速するDELMIA Ortemsプロダクション・スケジューラーおよびDELMIA Ortemsマニュファクチャリング・プランナーと連携することで、半完成品と完成品の作業指示の間にペギング・リンクを作成します。

高度プランニング&スケジューリング

DELMIA Ortemsの高度プランニング&スケジューリング・ソリューションは、従来のERPシステムやSCM管理システムを補完します。制約をベースとする、生産能力の限界に合わせたリソースの最適化を実現し、原材料から完成品に至る生産フローを同期する機能を追加します。

シンクロナイズド・リソース・プランナーの主なメリット :

  • 緩衝在庫を削減
  • マルチレベルBOMの同期
  • 有限キャパシティ要件の計算
  • 製造全体における影響の分析
  • 顧客とサプライヤーの間の動的なトレーサビリティー
  • 顧客サービスとリードタイムの信頼性の向上
  • 材料と作業を同期