Maintenance Nomad Mode

オペレーション全体で保守作業を同期

機器のアップタイムを延長

生産および製品供給ネットワークの複雑化に伴い、予定および予定外のダウンタイムによる停止にますますコストがかかるようになっています。DELMIA Apriso Maintenance Nomad Modeでは、保守管理に不可欠な機能を提供します。これには、予防保守のスケジュール機能、保守カレンダーの管理機能、予定外のダウンタイムに迅速に対応する機能、部品とスペアの管理機能などが含まれます。

DELMIA Apriso Maintenanceでは、保守作業指示あたりの稼働、実働時間を追跡する一方で保守作業を管理し、監督者が主要業績評価指標をモニタリングすると同時にワークロードを追跡できるようにします。

 

保守費用を削減

保守業務の優れた可視性と保守業務の流れの標準化により、有効性を高め、保守費を削減できます。DELMIA Apriso Maintenanceでは、役割とスキルを追跡して、適切な人材が適切な作業に割り当てられていることを検証するため、労働の生産性が向上します。部品とスペアの在庫状況の可視化がもたらされ、必要な携帯端末およびツールの場所と可用性を追跡できます。

さらに、DELMIA Apriso Maintenanceでは現場の装置に接続してプロセスの異常を早期段階で検出できるため、小さな問題が発展してコストのかかる点検や予定外の大幅なダウンタイムが生じる前に、より迅速に是正措置を講じることができます。

Maintenance Nomad Modeの主なメリット:

  • 保守計画の改善および効率化
  • 保守スケジュール、機器のアップタイムを最適化
  • 生産性と品質を向上