SOLIDWORKS CEOにマニッシュ・クマーが就任、ジャン・パオロ・バッシは今後3DEXPERIENCE Worksを統括

  • SOLIDWORKSユーザーコミュニティとメインストリーム市場への注力を示す、戦略的なリーダーシップ強化 
  • バッシは今後、エグゼクティブ・バイス・プレジデントとして3DEXPERIENCE Worksの継続的な成長のために設置された専門組織を牽引
  • クマーは今後、SOLIDWORKS のCEO兼R&D担当バイスプレジデントとして同ブランドのR&D(研究開発)とユーザーコミュニティとの関わりに注力し、SOLIDWORKSの普及に邁進

※本リリースは、仏ヴェリジー=ヴィラクブレーにて現地時間2022年2月7日に発表したリリースの日本語参考訳です。

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: FR0014003TT8, DSY.PA) は、2月7日から開催中の自社イベント3DEXPERIENCE World 2022で、ジャン・パオロ・バッシが同社のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任し、3DEXPERIENCE Worksの専門組織を牽引することを発表。バッシは2015年の着任以来、SOLIDWORKS CEOを7年間務めました。これを受け、SOLIDWORKS CEOには新たにマニッシュ・クマーが就任します。クマーは2018年からSOLIDWORKS のR&D(研究開発)担当バイス・プレジデントを務めており、今後も同職を兼務します。

ダッソー・システムズは今回の発表によって、SOLIDWORKSソリューションのR&Dに引き続き注力していくことを、SOLIDWORKSのユーザーコミュニティに向けて改めて示しました。同社は3DEXPERIENCE Worksのオファー群を拡大し、メインストリーム市場のコミュニティに向けて、これまでにない価値を提供できるよう注力します。

3DEXPERIENCE Works は、2019年に発表された3DEXPERIENCEプラットフォームのクラウド・ソリューション・ポートフォリオであり、SOLIDWORKSユーザーをはじめとする小規模・中堅企業ユーザーを対象としています。バッシは今後、3DEXPERIENCE Worksのさらなる成長と、メインストリーム市場において、特にイノベーションを求めるユーザー層に最大限の価値を届けていくための専門組織を牽引します。

ジャン・パオロ・バッシは3D、CAD、PLMアプリケーションの開発において、25年以上の経験を有しています。2011年にダッソー・システムズに入社して以降、SOLIDWORKSの成長とポートフォリオの拡充において中心的な役割を果たしてきました。SOLIDWORKS のR&D担当バイス・プレジデントを経てブランドCEOに就任後は、SOLIDWORKSのデスクトップ版とクラウド版双方に関わる新製品戦略や技術戦略を主導しました。バッシの技術に対する実践的なアプローチと、結束力の高いSOLIDWORKSのユーザー・コミュニティとのコラボレーションは、特にSOLIDWORKSのクラウドアプリケーションの開発に大きく寄与しました。

マニッシュ・クマーの着任は、ダッソー・システムズが今後もSOLIDWORKSのR&Dに取り組み、投資を継続することを示すものです。クマーはこれまで、SOLIDWORKS R&D担当バイス・プレジデントとして、SOLIDWORKSの製品戦略や技術戦略の策定において中心的な役割を果たしてきました。クマーは今後、このブランドのリーダーとして、ユーザー・コミュニティとSOLIDWORKS R&Dとの関係をさらに強化すると共に、SOLIDWORKSポートフォリオの一層の普及に向けて邁進します。

クマーは1998年にソフトウェア開発担当としてSOLIDWORKSのR&Dチームに加わり、さまざまな領域で初期のSOLIDWORKS製品の開発に大きく貢献しました。その貢献は、コンバータ、サーフェス、モデリング、スケッチ、アセンブリ、溶接、板金、製図など様々な領域に及びます。またSOLIDWORKSの R&Dチームでは、3DEXPERIENCE関連製品群の開発も率いてきました。この過程でクマーはダッソー・システムズの全R&Dチームとの共同開発を牽引し、SOLIDWORKSブランドが「設計の未来」に向かっていく上でのキーパーソンとなりました。

ダッソー・システムズのグローバル・ブランド担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるフィリップ・ローファーは次のように述べています。「マニッシュをリーダーに迎えたことで、SOLIDWORKSは今後も数々の革新的なテクノロジーを導入し、さらに成長を続けていくことでしょう。3DEXPERIENCE Worksがここまで大きくなったのは、ジャン・パオロとマニッシュが優れた取り組みを続けてきたおかげです。今後その成長をいっそう加速させるためには3DEXPERIENCE Worksに専心できるリーダーが必要であり、今回の発表となりました」
 

詳しくはこちら:
ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューション
https://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter Facebook LinkedIn YouTube

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。