ブイグ・コンストラクションとダッソー・システムズ、協業を拡大し、建設業界のデジタル・トランスフォーメーションを推進

  • 仏大手建設会社とダッソー・システムズが建設業界の効率と持続可能性の向上を目指し、新たな展望を開く
  • 業界に特化したバーチャルツインを活用し、モバイル端末に対応したクラウドベースの新たな手法を開発 
  • 次世代の建設業界に向けたコラボレーティブ・エクスペリエンスを提供し、バリューチェーン全体のプロセスを合理化
  • 3DEXPERIENCE プラットフォームでのオーダーメイドで質を重視した体験を通して、ブイグ・コンストラクションの顧客に利益をもたらす生産性、コンプライアンス、予測能力を改善

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) とフランスの大手建設会社であるブイグ・コンストラクションは本日、建設業界の新たな展望を開くべく、両社の戦略的パートナーシップ契約を更新したことを発表しました。 

両社は今回の3年間の更新に基づき、建設業界において大小さまざまな規模で乱立しているエコシステムを一新するような、モバイル端末に対応したクラウドベースの体系的なモジュラー手法の研究開発を進め、同業界のSDGs (持続可能な開発目標) 達成に取り組むことになります。 

ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォームはプロジェクトのライフサイクル全体を通じた関係者間の連携だけでなく、製品ラインの開発やモデリングも可能なプラットフォームです。両社はこうしたプラットフォームの特長に着目し、デベロッパー、設計事務所、サブコン、サプライヤー、顧客、運用会社といった関係者間のやり取りを簡素化して合理化していきます。このプラットフォームでは、現場作業員にも連携やイノベーションのためのツールを提供し、プロジェクトのエコシステム全体を連動させることができます。 

3DEXPERIENCEプラットフォーム上で建設業界向けバーチャルツインを開発することで、プロジェクト管理の産業化を促進し、設計から運用までを通して役立てることができます。この手法を活用すると、バリューチェーンの上流で建物の用途に基づいた最適な設計ができるようになります。それにより、(これまで現場作業に過度に依存していた)プロセスを可視化・共有し、できる限り早い段階でプロジェクトの各フェーズを予測して、現場での作業を細部まで計画できるようになります。省エネや廃棄物管理を目的とした新しい現場の追跡や業務の遂行が可能になります。 

最終的には、オーダーメイドで質を重視した幅広い機能を提供することで、現場での生産性の向上、品質の改善、ミスの削減、新たな環境基準に対するコンプライアンスの促進を目指し、プロジェクト期間中の予測能力を高めることができます。 

それを実現するために、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE プラットフォームをベースにした3つのインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス、「インテグレーテッド・ビルト・エンバイロメント」、「インクルーシブ・アーバン・フューチャー (包括的な都市の未来) 」、「ビルディング・デザイン・フォー・ファブリケーション」が建設業界向けに適用されます。

ブイグ・コンストラクションの会長兼最高経営責任者であるフィリップ・ボナーブ氏は次のように述べています。「どのプロジェクトにも固有の要求事項があり、1つとして同じプロジェクトはありません。使用に関する要件に対応する際に直面する課題は、ますます複雑化してきています。ダッソー・システムズとのパートナーシップを通じて、私たちは、お客様に利益をもたらす工法を開発し、将来的に業界の環境目標への対応の仕方を改善する、従来とは異なる手法を取ろうとしています。こうした改革はプロジェクトの全関係者がバーチャルツインの開発に参加してはじめて実現します。このような高度な連携には、エコシステムを統合する単一のデジタルプラットフォームが必要なのです」 

ダッソー・システムズの取締役会副会長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「エコシステムやプロジェクトの複雑さが増し、その規模も拡大してきています。我々は、より少ないコストでさらなる環境への配慮を可能にする建設業界のインダストリー・ルネサンスを実現できると確信しています。現場作業員に連携やイノベーションのツールを提供することで、廃棄物を削減し、建設のライフサイクルを可能にすることができるでしょう。ブイグ・コンストラクションと進めているプロジェクトを成功させるには、多種多様な建設プロジェクトに対応できるよう、迅速かつ広範囲に及ぶ連携が必要になります。3DEXPERIENCE プラットフォームは建設業界向けに、モバイル機器に対応したクラウドベースの次世代バーチャルツイン・エクスペリエンスを提供し、業界を簡素化、合理化、持続可能なものへと変革させるゲームチェンジャーになるでしょう」


詳しくはこちら: 
ダッソー・システムズの建設・都市・地域開発業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス 
https://ifwe.3ds.com/ja/construction-cities-territories

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション 
https://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント 
Twitter Facebook LinkedIn YouTube 

 

ブイグ・コンストラクションについて
ブイグ・コンストラクションは、60を越える国々に5万8000人の信頼できる献身的な従業員を擁し、建築、土木、エネルギー、サービスの各セクターにおいてプロジェクトの設計、建設、運用を手掛ける企業です。持続可能な建設をリードする同グループは、イノベーションの共有を重要な付加価値と捉え、健康と安全を最優先することを保証しています。2030年までに温室効果ガス排出量を30%削減することを約束し、低炭素化を実現する多様なソリューションをお客様に提供しています。2020年の売上高は120億ユーロでした。
より詳細な情報はhttps://www.bouygues-construction.com/をご参照ください。

ダッソー・システムズ について

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の29万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、https://www.3ds.com/ja(日本語)、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。