ベルナール・シャーレス > Dassault Systèmes®

ベルナール・シャーレス

ダッソー・システムズ 最高経営責任者、取締役会副会長

 

「未来を創出」

ベルナール・シャーレスは、1995 年 9 月にダッソー・システムズ社長兼最高経営責任者、2016 年 5 月に取締役会副会長に任命されました。。バーチャル・ユニバースのグローバル・リーダーとして、ダッソー・システムズは現在、グローバル・ソフトウェア企業のトップ10の1社に位置付けられています。

シャーレスはイノベーションを継続する社内文化の浸透に貢献し、ダッソー・システムズの科学技術面をさらに強化させ、科学をダッソー・システムズのDNAに組み込みました。シャーレスは、1983 年に新技術開発チームの指導者としてダッソー・システムズでのキャリアをスタートさせました。1986年、新技術研究開発部門および戦略部門を創設しました。そして、1988年には戦略研究開発部門の代表に抜擢され、CATIAを世界ナンバーワンのプロダクト・デザイン・ソフトウェアに導きました。「社会の進歩に貢献する技術」というシャーレスの信念のもと、ダッソー・システムズは持続可能なイノベーションの有望なパートナーに位置付けられるようになりました。

1989 年、デジタル・モックアップ (DMU) の開発を推進し、これにより設計技術者たちが製品の本格的な 3D モデルを作成できるようになりました。そして、1995 年には世界初の完全デジタル設計による航空機ボーイング 777 の DMU 実現のイニシアチブをとりました。また、1996年にはダッソー・システムズの株式上場を指揮し、当社の成長の基盤を固めました。1993 年には取締役会メンバーに加わっています。

1997年、ダッソー・システムズの顧客範囲を広げるべく、シャーレスはSolidWorksを買収しあらゆる規模の企業をサポートできる体制を整えました。また、2010 年には、それまで IBM 社が保有していた販売網の全体を取得しました。

1999 年にはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) のコンセプトを開拓し、デジタル・モックアップのコンセプトを製品ライフサイクル全体に適用させました。同時に、重要な一連の買収に着手し、ENOVIA (1998 年) 、DELMIA (2000 年) 、SIMULIA (2005 年) ブランドを創設しました。

2012 年、3DEXPERIENCE プラットフォームを発表し、仮想化とシミュレーションの範囲を消費者体験に広げました。 また、ソーシャル・イノベーションおよびインフォメーション・インテリジェンスのアプリケーション(3DSWYM、EXALEAD、NETVIBES)を追加して製品シリーズを強化しました。シャーレスは、3DVIAなどのB2Cアプリケーションの開発や実験的マーケティング・プロジェクト(「Paris3D Saga」や「クフ王の復活」など)も推進しています。さらに、より多様なセクターに参入するために、GEOVIAによる地球上のモデリングとシミュレーション、および生物学、化学、材料のイノベーションを変革するBIOVIAを導入し、2019年には医療現場の変革を目指し、臨床試験の世界的リーダーであるMedidataを買収しました。

2020年2月、シャーレスはダッソー・システムズの10年間の長期目標を発表しました。これには、「モノからヒトへ」へのシフト、3つの主要な経済セクター(製造業、ライフサイエンス・ヘルスケア、インフラ&地域)へのリーダーシップの拡大が含まれました。

この戦略的展開には、「バーチャル・ユニバースによる、新たなイノベーション領域の開拓」、「自然環境、人々の生活、製品の調和および市民、患者、消費者への貢献」というシャーレスの信念が反映されています。

2015 年には、自身が名誉会長を務める基金「La Fondation Dassault Systèmes」を設立しました。また、全米技術アカデミーの外国籍会員、フランス技術アカデミーの会員であり、レジオンドヌール勲章 (将校級) を授与されています。

仏カシャン高等師範学校の工学課程で学び、機械工学の博士号を取得しています。専門はオートメーション工学と情報科学です。フランスの教授資格として最高のアグレガシオン (専門: 機械工学) も取得しています。