プロセスのデジタル化とシステムの統合

MES ソフトウェアとは

製造実行システム(MES)は、DELMIA 製造オペレーション管理(MOM)の範囲全体におけるコア・コンポーネントです。ISA95 規格によれば、MES は生産面の一連の機能にほぼ対応しています。したがって、DELMIA MOM (DELMIA Apriso)の生産モジュールにマッピングできます。これにより、企業は製造オペレーションを効率化できます。メーカーは MES を利用することで、社内のあらゆる場所のオペレーションを制御して、人員、プロセス、機器、工具、材料を世界規模で調整・同期できます。メーカーは、設計から構築、サポートに至るまで、製造プロセス全体をデジタル化し、IIoT を活用することで、生産オペレーションを制御し、リアルタイムのオペレーション監視およびレポート作成と同期できます。

DELMIA 製造実行システムの仕組み

DELMIA MES は、リアルタイムのデータを使用して実行に関する決定をトリガーし、メーカーが効率性、品質、顧客満足度を上げながら、廃棄物、在庫、サイクル・タイムを削減できるようにします。製造実行システム(MES)で実現できる製造変革により、工場のオペレーションを完全に制御し、生産の可視性を向上させることができます。 

製造実行システムの主なメリット

  • 企業は、グローバル組織内の複数の工場間で生産プロセスを標準化して、情報を一元管理できます
  • データ収集をリアルタイムで実行し、継続的な改善を実現します
  • 現場や倉庫で効率性を上げ、品質管理、意思決定を強化します
  • 現場のオペレーション、生産プロセス、リソース管理をリアルタイムで可視化し、最適化します
  • ERP システムと統合できます

DELMIA Apriso は、未来のグローバル MES フレームワークのコア モデルです。

LIXIL 社事例
玉木 秀治 氏
LIXIL 社、IT 戦略部門シニア・マネージャー

さあ、始めましょう

製造とオペレーションの世界は常に変化しています。DELMIA で一歩先を行く方法を発見しましょう。

その他の情報

DELMIA 製造オペレーション管理 > ダッソー・システムズ
製造オペレーション管理
企業アプローチで製造エクセレンスを達成および維持
DELMIA メンテナンス、修理 & オペレーション > ダッソー・システムズ
メンテナンス、修理、オーバーホール
MRO アクティビティの迅速な決定を促進

ERP と MES の違いとは

エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)と製造実行システム(MES)は、いずれも製造に使用されるソフトウェア・システムです。ERP システムは組織管理とリソース計画の幅広い側面に重点を置いていますが、MES は特に現場の製造オペレーションの管理と最適化を対象としています。

DELMIA のソリューションの詳細

組織の規模の大小を問わず、シームレスなコラボレーションと持続可能なイノベーションに、当社のソリューションがどう役立つかについて、DELMIA の担当技術者がご説明します。

はじめに

学生、教育機関、専門家、企業向けのコースとクラスをご用意しています。お客様に最適な DELMIA トレーニングを受講してください。 

サポートの利用

ソフトウェアやハードウェアの資格認定、ソフトウェアのダウンロード、ユーザー・マニュアル、サポート連絡先、サービス・オファリングに関する情報はこちら