5G 通信

シミュレーションで堅牢な 5G 製品設計を実現

スマート、セーフ&コネクテッドな世界に向けた未来の通信技術

5G (第 5 世代移動通信システム)は、超高速通信に加え、リアルタイムの通信とインタラクションを可能にする極めて信頼性の高い低レイテンシー・リンクを実現するとともに、狭いエリア内にある膨大な数のコネクテッド・デバイスをサポートします。5G は、より速いインターネット・アクセスをより多くのユーザーに提供するだけでなく、高度なスマート・マニュファクチャリングや安全な自動運転、遠隔手術など、さまざまな業界で新たなテクノロジーと新たな業務方法を実現します。

デバイス・メーカーやネットワーク・インフラストラクチャー・プロバイダーは、コンプライアンスと安全基準を満たしつつ期待されているハイ・パフォーマンスを短期間かつ低コストで提供するという厳しい課題を突きつけられています。こうした分野に投資している企業が抱える技術的な課題は、多数の深刻なエンジニアリング上の問題であり、解決されていません。サブ 6 GHz 周波数帯とミリ波周波数帯のユビキタス通信リンクには、スモールセル基地局のような無線アクセス・ポイントやスマートフォンのようなユーザー機器に、大規模 MIMO (Multiple Input Multiple Output)とアンテナ・アレイ技術の両方を採用する必要があります。

すでに通信が飽和状態にある小型デバイスを 5G 規格に対応させようとすると、エンジニアに多大なプレッシャーがかかります。それは、他の通信システムで感度低下が発生しているように、電磁適合性や電磁干渉(EMC/EMI)の問題が発生しない斬新な高性能ソリューションを生み出さなければならないからです。他にも、高密度実装化が進んだデバイスの熱性能をどのように設計するのか、ミリ波周波数で動作するコンポーネントに求められる精度の高い機構上の許容差をどのように設計するのかという問題があります。つまり、マルチフィジックスとマルチドメインをうまく組み合わせた製品設計の必要性が高まっているのです。

初期コンセプト調査から仮想コンプライアンス・テストまでの設計プロセスの全段階で、さまざまな物理特性の正確なシミュレーションが不可欠です。ダッソー・システムズは、シミュレーション技術の幅広いソリューションを搭載した SIMULIA をご用意しており、Abaqus の機械解析、構造解析、応力解析や、CST Studio Suite の電磁シミュレーション、それに熱、疲労、システム・シミュレーションを対象としたその他のツールをご利用いただけます。3DEXPERIENCE プラットフォームの持つ長所も兼ね備えているため、競争力のある製品をスケジュール通り、予算通りに市場に投入することができます。5G を対象とした設計の課題がどんなに増えていても関係ありません。

その他のリソース