XFlow

 

格子ボルツマン法にもとづく高精度流体シミュレーション

新世代の物理シミュレーション法

自動車の外表面のような複雑形状周囲の非定常流れのCFD問題を解く場合、従来のメッシュによる手法ではメッシュの品質に大きく依存します。 この結果、エンジニアは、エンジニアリングの問題を解決するのではなく、良い解析モデルを作るためのメッシュ生成作業に工数を費やしています。 さらに、移動体が存在する問題や流体-構造相互作用を伴う問題の場合、領域のトポロジーに変化があると、求解上の困難が生じる場合があります。

 

SIMULIA XFlowは、独自の、粒子にもとづく格子ボルツマン法による高精度の計算流体力学(CFD)のシミュレーション法を提供します。 この最先端の技術により、ユーザーは高周波領域の非定常気体力学、リアルな移動体、複雑な多相流、流体-構造連成、空力音響など複雑なCFD問題を扱うことができます。

 

XFlowの格子の自動生成法と適応的細分化法は、ユーザーの入力を最小限に抑え、典型的なCFDワークフローにおけるメッシュ作成と前処理の時間と労力を削減します。 これにより、エンジニアは時間のかかるメッシングプロセスではなく、設計検討の繰り返しと最適化に大部分の努力を集中させることができます。

 

XFlowの格子アプローチでは、表面の複雑さはシミュレーションの制限要因ではありません。 格子生成は、少数のパラメータで制御することができます。 この格子生成は形状入力に頑強であり、移動個体にも適しています。

 

さらに、高度なレンダリング機能によるリアリティのある可視化は、流れと熱の性能についてより深い知見をもたらします。 XFlowの独自の機能により、企業は物理的なテストを削減し、より良い設計意思決定を迅速に行うことができます。

XFlowのCFDアプローチ