XFlow

実世界のパフォーマンスを改善する流体シミュレーション

XFLOW コンテンツ・ブロック

競争が激しい最新の製品イノベーションの世界では、車両の渡河走行、パワートレインの潤滑、重要な飛行運動など、極限の条件下での実際の動作に関する複雑なシミュレーションが求められます。

XFlow では、SIMULIA の流体シミュレーション・ポートフォリオの一部として、高忠実度数値流体力学(CFD)に対応する粒子法ベースの格子ボルツマン・テクノロジーを提供します。

この最先端の Xflow テクノロジーにより、ユーザーは、高周波非定常シミュレーション、実質的な可動形状、複雑で多相的な流れ、自由表面フロー、流体構造の相互作用などの複雑な CFD ワークフローに対処できます。

Xflow の自動格子生成機能やアダプティブ・リファイン機能により、ユーザーの入力作業を最小化でき、メッシュ作成や前処理段階の時間と労力を削減できます。その結果、エンジニアは設計反復や最適化に集中できます。

また、XFlow の離散化アプローチを用いることで、面の複雑さは制限要素とはなりません。基礎格子はわずかなパラメータ・セットで制御できます。格子は入力形状の品質に左右されず、可動部分の存在にも対応します。

高度なレンダリング機能により、リアルな視覚化も可能であり、流体と熱性能の詳細なインサイトを得ることができます。Xflow の独自機能を活用することで、企業は物理的なテスト数を削減しながら、より良い設計判断を迅速に下すことができます。

SIMULIA 流体シミュレーションは、3 つの補完テクノロジーにより、拡張可能な流体シミュレーションを実現し、実世界の幅広い用途に対応します。ダッソー・システムズの SIMULIA ブランドは、流体シミュレーション・ポートフォリオの強化と拡大に取り組んでおり、3DEXPERIENCE プラットフォームでの幅広いインダストリー・プロセスに対応する、エンドツーエンドのソリューションを提供します。

最新リリース

独自の CFD アプローチ