2019年のIdEM新機能

電子デバイス特性評価

IdEM 12には、新機能と重要な改善が追加されました。IdEMの新機能は次のとおりです。

  • ヒューリスティック・メソッドに基づいた新しい因果関係(Causality)チェック
  • 散乱パラメーター(Sパラメーター)ブロックのカスケーディングを可能にする新機能
  • 散乱パラメーター(Sパラメーター)ブロックのディエンベディングを可能にする新機能
  • 直流抵抗の可視化、およびモデルとデータセットの直流抵抗の比較が可能