流体/数値流体力学シミュレーション・ソフトウェア

実世界での性能を改善するシミュレーション

SIMULIAの数値流体力学(CFD)シミュレーション製品により、短いターンアラウンド時間で実世界での性能を正確に予測しながら製品を設計できます。SIMULIAの流体テクノロジーを活用することで、業界全体やアプリケーション・ユースケースにおけるさまざまな課題の解決が可能になります。例えば、eVTOLの飛行およびコミュニティ・ノイズ・テスト、最高性能を得るためのレーシング・カーの空力設計の最適化、WLTP燃料効率規制に合わせた自動車設計、最新航空機モデルの飛行安全性テストなどがあります。

SIMULIA流体シミュレーションは、3つの補完テクノロジーにより、拡張可能な流体シミュレーションを実現し、実世界での幅広い用途に対応します。PowerFLOWとXFlowは、世界トップクラスの格子ボルツマン(LBM)手法により、実世界での性能を正確に予測する高精度シミュレーションを実現します。Fluid Dynamics Engineerは、3DEXPERIENCEプラットフォーム内で設計、シミュレーション、最適化、データ管理、ビジネス・インテリジェンスの各アプリケーションに埋め込むことで、マルチスケール/マルチフィジックス・ビジョンをもたらします。さらに、プラスチック射出成形アプリケーションでは、製品開発プロセスの初期段階でプラスチック部品と金型の設計を検証して最適化できます。

SIMULIA流体/CFDシミュレーション製品およびロール

PowerFLOW

 

PowerFLOWでは、複雑なモデル形状全体で空力設計、空力音響、熱管理の高精度なシミュレーションを正確かつ効率的に行えます。

PowerFLOWを詳しく見る

XFlow

 

XFlowは、複雑な流体問題を解決します。パワートレインの潤滑、機器流体性能、E-Drive、悪条件での車両性能、タンク・スロッシング、流体構造の相互作用、UAV操作、船舶性能などの分野で優れたテクノロジーをもたらします。

XFlowを詳しく見る

3DEXPERIENCEプラットフォームでのFluid Dynamics Engineerロール

 

3DEXPERIENCEプラットフォームでのFluid Dynamics Engineerエンジニアロールは、CADおよびPLMを埋め込んだとシームレスに連携したCFDアプローチです。最適な流量分布、効率的なエネルギー管理、圧力損失の最小化、流量の均一性、循環の削減などの設計条件に基づいて製品性能を改善します。

Fluid Dynamics Engineerロールを詳しく見る

プラスチック射出成形

 

製品開発プロセスの初期段階で充填、保圧、反り、金型冷却のシミュレーションを行うことで、プラスチック部品と金型の設計を検証して最適化できます。

Plastic Injection Engineerロールを詳しく見る